<   2005年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧
授業再開
昨日は彼女からのMorningCallで目覚める。。。なんてそんなにSweetな話じゃないんです。
朝6時から”道に迷った~”なんて感じで電話がかかってきて、道案内をする僕。
彼女は一ヶ月に一度、1時間半車を走らせ、そこにある大学で授業を教えるらしいのです。
今回はそこへ初めて行くということだったので、”もしかしたら道に迷って朝電話するかもしれない”なんて警告が前日にあったのですが、まさにそのとおりになりました。

折角朝早く起きたということでジムに行き、そこからComputer labに行って
あることについて頭を抱えて悩みだす。
今日からの夏の授業を取るか否か。
取らないとこの夏をだらだら過ごすことになるし、取るとお金がかかるし。
取らないと日本に帰りたくなるし、取ると帰れないし。
取らないとゴルフが。。。。。

なんて感じでまさに ”ウジウジ” と考えてたわけですが、結局授業が始まる30分前に取ることに決定。

いっちょやったるか。

まあそんな感じで授業に行き、帰ってきてご飯食べて、としてると、なんだか眠い。
そりゃそうだ。6時起きですから。
でも寝てはいけないと頑張りながら起きてるものの、夕食を食べた5時過ぎに遂にダウン。


。。。。。。



ということで、結局夜中の2時に起床。

最悪の夏学期の始まりとなってしまいました。
[PR]
by takuearth | 2005-07-12 17:53 | 今だ学生。。。
ゴルフコンペ(第一回?)
Indianaに帰ってきて以来、何をしていたかというと。。。やはりゴルフ。

といっても自分の中では2週間ぶりのゴルフだったので”久しぶり”なんて感じてしまったし、
コースを回っているときはやはり”笑顔”でした。

最近僕の周りでゴルフをやっている人が結構いるので、皆を刺激すべく、
ゴルフ大会を開いてみました。 3対3の団体戦。 

僕はもうベテランのように、全く緊張せずにゴルフしたのですが、面白いことに、みんな緊張してる。
もうその時点でこの企画大成功。

11時からスタートの予定で、僕は30分前にコースに出現。すると、みんな必死に練習してる。
早い人なんか9時半から来てるらしい。 かたや僕は前日飲み過ぎて体が重い。。。。。失礼しました~。


ゴルフは少しでも気を抜けばあっという間にスコアーが崩れていくスポーツ。
例えばパターにしても”はいるだろこれ”みたいな簡単な気持ちで打つと外れることしばしば。
かといって、緊張しすぎても体が硬直するので、コレもよくない。
この”緊張感”で今回のコンペの勝敗は分かれたようでした。

相手チームはいつもの調子がでない。 ここの二人は本番に弱いとみた。 
一方僕のチームの一番の初心者であったY氏が僕と一緒に回ることで
”いい緊張感”が得られたらしく、予想外の出来。
ということで、僕のチームが圧倒的な差をつけて勝利したわけですが、
一番驚いたのは、皆がこの企画を気に入ってくれたこと。
更に驚いたのは、皆が今月中にもう一度やりたいなんて言い出したこと。
はっきり言って相手チーム、負けず嫌いの集合体です。

でも今回の企画でみんな更にゴルフにはまってくれるのは間違いなし。
コレで無事この街から離れることも出来るというものです。

あ、最後に自分の出来ね。ん~アイアン不調。パーオン2回だけ。でもパットが好調。
結果は81。 ”緊張感”足らないかもな~。
 
[PR]
by takuearth | 2005-07-12 17:28 | 熱く語れ!~ゴルフ~
家路~Indiana~
もう第二の故郷と呼んでいいのではないかこの場所Indianaは。
NorthCarolinaから昨日無事帰ってきて自分の街に戻ってくるといつもの如くほっとしてしまう。
したくないけど、してしまう。 この街あまり好きじゃないと否定的になりたいけど、心では否定してない。

ということで、もうすっかり体を癒すかのようにくつろいでます。
時間があり、やることもそんなにないので、何をしようか迷ってます。
迷って迷って、一日終る。。。。。いやいや、そんな生活まっぴらごめん。とにかくなにかに手をつけろと。

まずは引越し最終日の話でもしますか。
最初に冗談で引越し前の自分の写真でも撮っておこうかと思ったんです。
なぜなら、この荷物の移動で少しは痩せるかなと。
いや~やっておくべきだった。痩せたよ、今回は。本当に。引越し途中で汗かきすぎて上下とパンツまで履き替えたぐらいだから。桜木花道より汗かいたべ、しぼれるべ。

お昼前にトラックは到着。中の荷物は何のダメージもなく綺麗に運ばれてきました。記念の一枚はい。

a0033717_169292.jpg



トラックの隣の隣の車が彼女の愛車ジープ。

a0033717_1695166.jpg




あまり言いたくないけど、言いたくないけど。。。ダンボール約50個。勿論階段登った回数約50回。
荷物を運んでいる途中にかなり重い荷物があって、”これなんだよ~(怒)”と思ったら
”Taku”なんて書いてありました。。。。。自業自得。
休憩4回。途中洋服のままプールに飛び込んでやろうかと思いました。
水分補給約4リットル。ポカリがあったら最高だっただろうね~。
12時に始めて、休憩含め、お昼も食べ、最後に彼女と一緒に運び入れ、トラックが空になったのが約6時。
最初さっさと終らせて、ゴルフでもしてやろうかなんて思ってましたが、30分経った時点で断念。時間が間に合うわけないし、体力なし。流石にそこまでの”ゴルフ馬鹿”のレベルには達してない模様。
途中多くのアパートの住人とすれ違うが、誰一人助けてくれる人はいない。
あれ~この土地は人が優しいと聞いてたんだけど。。。そこまで優しくはないか。
20ドル払うから手伝ってくれって何回言いそうになったことか。
頼むから俺が苦しんで運んでいる姿を見て苦笑いするのはやめておくれ。。。

まあそんなこんなで、頑張れば何とか終るもので、全ての荷物を運び入れ、
豪華に夕食を奢って貰い、そこで終わりかと思いつつ。。。
夕食でビール飲んで、気分良く寝れるかと思いつつ。。。。
そこから夜中の3時まで荷解き。おいおい、俺の体力はどこまで続く。。。
更には完全に終ってない荷解きが気になり、朝6時に起きてしまい、ラストスパート。
勿論全部終るなんて事は不可能でしたが、最低限のことは済ませ、
朝8時にGreenvilleを後にしたのでした。

シャトルバスに乗って2時間かけて空港へ。
飛行機の中ではいつもの如く離陸前に意識不明。。。。。。じゃなく、睡眠。
Indianaのアパートに戻ってきたのは夕方6時過ぎ。

なんだか最後は本当に慌しい形で終ってしまった為に、
長距離を運転してきた印象が薄れてしまって薄れてしまって。。。
とにかく引越しを終えた(荷物を移動させた)達成感でいっぱいでした。

”家に着くまでが遠足ですよ~”なんて昔良く言われたもんだが、自分の家に帰ってきて、椅子に腰掛けて、ホット一息ついたとき、やっとゆっくりとこの引越しを振り返る気持ちになり、”あ~、終ったんだ。”と思うこの瞬間。 
僕の中での今回の旅行はIndyに始まり、SanDiegoに行き、車でNorth Carolina。そして飛行機で再びIndy
ふと考えれば自分はアメリカ一周したことになり、”またまたとんでもないことをしてしまったな~”
なんて我に返り、この旅の手記を閉じるのでした。
[PR]
by takuearth | 2005-07-08 16:10 | ん~旅行に限る
思ひ出の音
嵐の前の静けさ。。。
いよいよ引越し最終章、トラックが今日アパートに来る予定。
その前のホンノひと時。コーヒータイム。ん~このまま逃げ去りたい。
彼女は仕事初日。 そして僕は引越し最終日。
先程トラック会社から電話があり、トラックは朝から昼の間に来るとの事。
まあこの適当さにも慣れましたが、もっとはっきりとした時間言えないのかね?

さあ、この最終章。大変なことになるよ。 彼女が帰ってくるまで多くの荷物を運ばなきゃいけないし。
しかも部屋は3階。前にも言ったけど、3階。エレベーターなしの3階。。。。。。3階。。。。。。

おおっと、今ちょっと意識が飛びそうになったぜ。

まあ、とりあえずこの場は現実逃避しますか。

話は変わって、同じ学校に行っている人がMusical Batonなるものをやってまして、これは僕が好む音楽を紹介し、そして僕の友達5人にまたそれを広めてもらうという、”またこの類かよ”といった感じのものですが、折角なのでやってみようと思います。

質問①
~コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量~
9.32GB DriveCはパンク寸前。

質問②
~今、聴いている曲~
Radiohead のアルバム"The Bends" より (Nice Dream)

質問③
~最後に買ったCD~
Gorillazでアルバム"Spacemonkeyz vs. Gorillaz"
この旅行の途中で中古CD屋を見つけ、そこで発掘した品。内容は。。。イマイチ。。

質問④
~よく聴く、または特別な思い入れのある7曲~
本当は”5曲”なのですが、勝手に”7曲”に変えました。

1.Champagne Supernova by Oasis /"(What's the story) Morning glory?"より
Oasisといえばこの曲になってしまう。 IntroからEndingまでとにかく完璧のこの歌。 日本武道館でOasisのコンサートに行き、締めの曲としてこの歌を聞いたとき涙を流した逸話あり。 Oasis絶頂期の話。

2.High and Dry by Radiohead/"The Bends"より
この曲は以前にもここで紹介しました。 アメリカに来るときに友達からもらったビデオ(音楽のビデオクリップを集めたもの)のなかでこの曲が入っていて、見たときの感動というか衝撃といったら。。。この曲も最高です。

3.Sonnet by The Verve/"Urban Hymns"より
またもや英国ロック。惜しくも名作を残してすぐに解散したThe Verve。このUrban Hymnsは僕の中でベスト5に入る名作。このアルバムの”Bittersweet Symphony"はみんなも聞いたことがあるはず。 ”う~ギター弾けるようになりたい!”と思わせる歌。

4.Stand Inside Your Love by The smashing pumpkings
"MACHINA/The Machines of God"より
ここでアメリカロック登場。これまた解散してしまったバンド。略してスマパン。
活動中は”このアルバムでロックは極めた”と豪語し、デジタルロック系アルバム”Adore”を発売し失敗。でもその後このアルバム”MACHINA”で完全復活したかと思ったんだけど。。。解散。Alternative Rockの代表的バンド。

5.Semi-Charmed Life by Third Eye Blind/"Third Eye Blind"
ここから少し趣向が変わってきます。思い出の曲。
アメリカに最初に旅行に来たとき、この曲が流行りに流行っていて、コレを聞くと”ん~アメリカ~”と言いたくなる。今ではあまり売れないバンドになってしまったが、一度Indyのライブハウスで聞いたときは”まだこのバンド死んでない”と確信した。

6.Cantaloop by Us3/"Hand on the Torch"
New Jazzのジャンルなのかなんなのか? この曲との出会いは高校1年の時。
まだまだ若造だった僕にこの”大人”な音楽をくれたのはバイトの先輩でもあった、”Silva”姉さん。 洋楽への入り口はこのときだったのかも。。。?

7.永遠の胸by尾崎豊/"誕生Disc1"
やはり最後は日本人で。僕の青春時代といえば尾崎(笑)。日本の友達も良く知っているとおり、カラオケでは良く熱唱しました(笑)。この前の冬に友達に頼んでこのCDを持って来てもらい、久しぶりに聞いたんだけど。。。。。やはりいいね~。名作です。

最後に5人の人にこの”バトン”を渡さなきゃいけないのですが、私の独断と偏見で選ばせていただきました。なお、本人には直接連絡しませんのでよろしく。

*首相こと、326氏(日の丸系)
*Tama氏(キャンプ系)
*輩氏(音楽系)
*元秘書(言語系)
*新人商社マン(音楽系)この人なしでは音楽語れない!

と勝手に選ばせてもらいました。それぞれの好みは被らないと思われます。

。。。。。。

とまあ長々と現実逃避してしまいましたが、そろそろアパートに戻ってトラックの到着を待つとします。(泣)

アキレス腱切らないようにちゃんと準備運動しないとね(笑)といってもちょっと笑えない。最近僕の周りで二人もアキレス腱切ってます。二人とも30歳代。いや~笑えない。。。
[PR]
by takuearth | 2005-07-05 23:24 | 世の芸術~音楽~
Greenvilleにて一周年記念
North Carolinaに着いて早2日。
僕等が着いたのはいいけど、肝心の荷物が届いてない為、何も出来ない。
ベットはないし、調理道具はないし。
寝袋&外食の生活。流石に腰が痛いし外食も味気なくなってくる。
結局朝早く起きてしまい、時間をもてあました僕が取った行動といえば。。。
久しぶりの独りの時間。”朝、スタバ&アイスコーヒー”のセットで。

一昨日ここについて、彼女が働きだすまでに二日間しか日にちがないので、一日は二時間ぐらい離れた町まで買出しに行き(この街には日本の食材屋がないので)、もう一日は一時間車を走らせて大西洋まで行こうと話してたのですが、よくよく考えてみたら、毎日のように走り続けて、更に二日走るのは酷だということで、両方とも却下。とことん遊び好きな二人ですが、流石に今回は”ゆっくりとした時間”を過ごすことに。

ということで、昨日は昼からの行動(良く寝たということです)しだし、洗濯、プール、買出し、テニス、プールと至れり尽くせり。(結局遊んでますが。。。)
久しぶりに彼女とテニスをしたけど、軟式あがりな為、ラケットの握りが厚い。ということは
球が強い。しかも打ち込んでくるため、やられることもしばしば。
更に、ちょっとカッコいいところを見せてやろうと思って、サーブを打ったらことごとく簡単に返されてしまったし。。。最後には意地になってサーブ打ってる自分がいましたが。。。まだまだ子供。


最後この文章を締める前に、この街と彼女のアパートについて少々。
Greenvilleは人口6万人。East Carolina Universityの大学街となっていて、そこに立派な大学病院も聳え立っている。
街の規模と比較するとかなり大きな病院で、更にその周りに多くの医者が存在するので、この街のGDPは同規模の街のGDPよりも高いと予測できる。
街は基本的に古いけど、病院の周りと南部が新しく安全な地域。街が二分化されてる。
まあアメリカではこの形は多い。街の中心街は黒人街。その周り安全な地域に白人もしくは高所得者が集まる。 ここGreenvilleもその形。
当たり前といえば当たり前かもしれないが、この街、アジア人がほとんどいない。
SanDiegoから来た僕等からすると大きな違いだけど、その割りにはみんな僕等に対して温かいのでかなり好感が持てるところです。
ただ。。。。。Publicのゴルフコースが一つしかない。。。こりゃあいただけないね~。

まあそれはいいとして、最後に彼女のアパートについて。
すごい!!とにかくすごい!!贅沢!
病院のすぐ隣に面した3階建てのアパート。かなり大きな集合体なんだけど、立派な為かなり安全。監視カメラとかあるし、夜までテニスコート、ジャグジー、プールが使えるし、ジムは24時間。更に日焼けマシーンまで。
何より凄いのが部屋。One bedroomとはいえ、トイレが二箇所、寝室のほかに勉強部屋もついていて実質Two bedroomみたいな感じです。
更には暖炉、森が見渡せるベランダ、天井高い=ドライバーまで振り回せると、文句なしのこのアパート。
いままで色々とアパートを見てきた僕等ですが、ここは一番。値段はそれに比べたら全然安いほうで(更にSanDiegoと比べたら断然安い)羨ましい限りです。
後日、写真は載せたいと思ってますが。。。

そうそう、今日でここでのブログも丁度一年経ちました。
まちまちの投稿で皆さんを持て余してますが、多くの読者に支えられて心から感謝してます。ってなんだか本物の作者になった気分になってますが。。。
最近彼女から”若者”はタイトルから外したほうがいいんじゃない?という提案がありましたが、却下したいと思います(笑)
とりあえず、学生の間はこのままで。いつまで学生なの?という質問には応じませんのでよろしく。
就職したら見も心もタイトルも大人になりますので(笑)

皆さんこれからもよろしく!

P.S. 旅行の詳細の投稿はIndianaに帰ってからかな~?
[PR]
by takuearth | 2005-07-04 22:10 | American life
横断旅行最終章。
ふぃ~。着きました。東の果てに。その名もGreenville。

なんだか着いてしまうと、”あれ?今回結構あっけなかった”なんて二人で馬鹿なこと言い合ってますが、次回の引越しは”飛行機で”と話してます。なんだかんだ言って、このような引越しはやはり大変だった。。。けれでも楽しかったということなのです。

車も何とか最後まで持ち、この先どれだけこの街で生きていけるのかはわかりませんが、彼女は来年こそ新しい車を買うと張り切っています。

今はGreenvilleのStarbucks。
どこの町に行ってもやはりStarbucksは落ち着くもの。
スタバで始まりスタバで終る。

ん~なんて素晴らしい旅。。。

いやいや、こんな終わらせ方はないわな~。

とりあえず、旅の詳細は明日以降お知らせします。だって、お疲れだべ。

心配してくれた皆さんご迷惑かけましたが、無事東海岸に到着しました。

最後に一言。 NorthCarolina。かなり綺麗なところです。

ではでは。
[PR]
by takuearth | 2005-07-03 11:53 | ん~旅行に限る
Finally arrived at North Carolina...finally....
車は何とかなおり、昨日はとにかく走る走る。
800マイル以上走って、OklahomaCityからNashvilleまで。

そして今日、やっとこさNorth Carolinaに来ました。
何とか車はもち、明日の昼過ぎに目的地に着く予定。寄り道をしつつ。。。

もうここまでくれば大丈夫でしょう。最後の最後で壊れたらもうヒッチハイクしかないな~。
[PR]
by takuearth | 2005-07-02 13:55 | ん~旅行に限る



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth