<   2005年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧
Hillcrest
先日SanDiegoの街の雑誌を読んでたら色々なお店が”Hillcrest”と言う場所にあるということでちょっくら足を運んでみました。。。

a0033717_1135255.jpg



















I-8の南側にあるこの地域は古着屋、レストラン、コーヒー屋や家具屋、アートショップなど文化の集合体。お店がそうなら人もそう。


a0033717_117168.jpg
コーヒー屋に毛むくじゃらの犬を連れている人やランチをテラスで楽しむ人達など。
更に”Whole Foods”という”オーガニック”商品を中心にした野菜、肉などの食材屋もあるし、なんとも”California~”といった雰囲気です。
ふと入った本屋で中をうろついてたら、雑誌コーナーのところが”ゲイ雑誌”しかなく、周りを見たら男二人が手をつないでた。なんて場面に遭遇したり、信号を渡るときに止まっていた車の中で黒人男性二人が”あつ~い”口づけ”を交わしている場面に心けがされたり。。。(笑)、ある意味独りで歩くには”危険”な場所です。

ここに来たもう一つの理由はテニスショップ。先日のテニスサークルで聞いたこのテニスショップはとにかく品物が豊富。その何も”Ray’s Tennis” 僕の愛用”Prince Graphite”などの過去の英雄が勢ぞろい。勿論最新のものまで。テニスウェア~も本当に沢山あるし。ここは見るだけでも面白い。ここにいたら”テニスクラブでも入ろうかな”なんて気持ちにさせられてしまう。 おおっと危険危険。

先日話をしたコーヒー屋(ゲイクラブが隣にある)もこの近くだったりと、ここでは一日を楽しく過ごせる要素がたっぷり詰まっています。  最後に幾つか写真を。

a0033717_1343228.jpg <左>Hillcrestの近くを通る”163号線” 
 やしの木が印象的。

 <下>日曜大工屋もおしゃれに見える
 扱っている商品も結構良い物が多かった。

a0033717_1361459.jpg






















  
a0033717_137293.jpg

University Street(メインストリート)から外れたところのアパート。
こんなアパートに住みたいもんだね~。 入り口がなんとも言えず良い。
この”Cable”の意味は??
[PR]
by takuearth | 2005-06-08 01:11 | 今だ学生。。。
因縁のラケット
僕は”流されやすい人間”で有名ですが、先週末もまたまた。

French Openを見てテニスをしたい欲望があふれ出て、居てもたっても居られず土曜日に行ってきました。例のテニスサークル。そしてコテンパにやられてきました。
はっきり言ってここのサークルのレベル高すぎ。毎回毎回上手な人が現れてくる。
昔テニススクールで教えてたときに、たまに”上級者”のクラスに生徒として混じってやってましたが、そのレベル超えてる人が数人居るという驚異的なサークル。
今回は”30歳代後半”だけど”昔あなた相当上手かったでしょう”系です。
”そんなことないですよ”なんて謙遜してたけど、相当お上手なお方でした。

更にもう1人、フェデラーとサンプラスが使っているラケット”Wilson Pro Staff”を巧みに操る学生。カレは本当に上手。今回初めて相手をしてもらったんだけど、改めて自分がどのレベルかというのを思い知らされました。バコバコ、エースを食らったし。。。テニスが上手な人は”体型は細めで色白、髪は長め”というセオリーみたいのがあるんだけど、彼はまさにその”典型的”。

ちなみに、そのラケット、僕は高校時代の後半からお付き合いしてたんだけど、テニススクールのコーチに”お前にはそのラケットを操れる技術がないから止めろ”を別れを宣言されあえなく手放した悲しい逸話があるのです。 それ以来そのラケットを使っている人を見る度に悲しい気持ちにされられるのですが、今回その持ち主に完敗を食らったので、僕の心はずたずた。ついでに腰もずたずた。なんだか1ヶ月前に怪我した足首も痛いし。。。もう完全に30台前の体だよ。 もうしばらくはテニスしたくないかな~という気分。。。(かなりいじけてます)
ストレッチ嫌いな僕ですが、そろそろ体を労わったほうがよさそうです。
ゴルフとテニスが出来ない生活なんて。。。想像するだけで息苦しい。。。。。
[PR]
by takuearth | 2005-06-07 03:01 | 熱く語れ!~ゴルフ~
哀れな王者
Federer対Nadal。 結局19歳になったNadalが勝ち、女子はHeninが復活優勝しました。
Federerの試合は家で見てましたが、ん~、残念。
試合前、解説者はこう言ってました。”試合前に雨が降るようなことがあればFederer有利。でも晴れればNadalが有利だろう”。 雨が降るとクレー特有の”球がバウンド後遅くなる”効果が薄くなり、フラット系のFedererが有利になるという仕組み。

だがしかし、試合前に雨が降ることはなかった。
第一セット。Nadal先取。Federerのテニスはおかしかった。完全に守備的テニス。Nadalのフォアハンドを警戒してバックハンドに球を集める。 更におかしい。Federerのミス。普段よりも多すぎ。その為第一セットはお互いのサーブブレイクが続く安定しない内容。それでもNadalは持ち前の粘り強さでFedererを翻弄する。

第二セット。ここで少しドラマが起きたと僕は思った。第二セットが始まる前に雨が降り出したのである。”流れが変わるかも”そう思ってみていた第二セット。Federerが暴れ始める。
Nadalのゲームを奪い4-1まで持ち込む。完全に持ち前の攻撃的テニスに転換。
でも。。。。。
やはり今日のFedererはおかしい。
ミスが続き、サーブゲームを落とし追いつかれそうになるが、何とか第二セットはFedererがとった。

第三セット。もう完全にNadalペース。Federerにいつもの自信が見られない。 Nadalがこのセット取る。

第四セット。FedererがNadalのサーブゲームを早い段階でブレイクし、第五セットまでもつれるかと思われたけど、Nadalがブレイクバック。この時点で3-3.そして日は暮れ始め、Federerは試合の延期を訴え始める。ここら辺に少しFedererの弱気さが現れ始めてた気がする。 試合が進むごとにFedererは調子を落とし始めて、最後には武器ともいえるフォアハンドの逆クロスが何度となくネットする始末。だからFedererは明日に持ち越して流れを変えたかったんだろう。
しかし、大会側は明日まで持ち込むことを嫌い、またNadalがこのセットを取って試合が終る可能性を示唆し、Federerの訴えを却下。
結局そのままNadalが第四セットを取り、試合は終ってしまったのです。

Federerの哀れな敗北。
試合後のコメントでもFedererは”勝てた試合を落とした”なんて王者らしくない弱気な発言。
今まで完璧なテニスを披露してきた王者でもやはり駄目な日はあるんだという事。
それと、左利きのNadalの球に少し狂わされていたのは事実だろう。

もし今回Nadalが優勝するならば世界ランキングはFedererからNadalに王者の指定席が譲られることになる。 まあその可能性は高いだろうけど。。。

四大大会はまだ二つが終ろうとしているところ。
華の大会であり、Federerの力が最大に発揮される場所”Winbledon"が今月末にやってくることを皆さんお忘れなく。
[PR]
by takuearth | 2005-06-06 13:58 | 熱く語れ!~ゴルフ~
Natalieなぜアメリカに来ない。。。
昨日はゴルフをしたせいで一日中頭の中はゴルフのこと。

昨日のことを反省し、時間を取り戻す為、今日は6時起き。 そしてそこからいつものコース。
ジム&スタバ。毎日のようにスタバ来てますが、頼むものはいつもアイスコーヒー。おかわり50セント。
だからデニーズのように長時間居れるのです。お金がない皆さんお試しあれ。

さて、今日は再び音楽の話を。
先日、最近の音楽事情に疎かった自分を悔やみ、久しぶりに本屋に行って雑誌を色々あさってきました。
こんな時、いつも役に立つのが音楽マガジン”Q”(イギリス) イギリスの音楽雑誌はどちらかというと日本寄りの音楽が沢山載っている。
そしたらがっくりだよ~。色々情報が出てきて。。。またまた色々欲しくなってきた。。。
こりゃあもう違法ダウンロードに頼るしかないだろ。

a0033717_0364099.jpg中でも驚いたのがNatalie Imbrugliaの3rdアルバム ”Counting Down”
僕が雑誌を見たときには全英で一位になってたけど、アメリカでは全く音沙汰なし。
理由は。。。。。アメリカで発売されてない!?ありえないだろコリャ。
InternetのCDをあさり尽くしても出てくるのは輸入盤のみ。イコール”高い”
イギリスでこんなに人気がある歌手がアメリカで発売されてないのは珍しいだろう。
前回2ndアルバムはこちらで売ってたし、本人がプロモーションに来てたけど。。。
今回はなぜ??
僕の勝手な解釈でNatalieはアメリカが嫌いになったんだと思ってます(苦笑)
勿論日本では売っている。 ん~こんな時”やはり日本だよね!”って思ってしまうのは悲しいな~。

さて今日はどこで勉強しましょ?

あっそうそう、言い忘れてた。
今日のRolandgarros(全仏テニスオープン)の男子準決勝Federer対Nadal 必須必須!! 
コレを見ないで何を見る!はっきり言ってもうコレは決勝の内容です。
将来有望18歳Nadalは全仏までクレーコート2連勝中(確か。。。)対する天才Federer、まだ全仏のタイトルは手にしてない。こりゃどちらが来てもおかしくない。
Federerが左利きのNadalに対してどのように戦うのかも楽しみだし。
アメリカにいる人は3日の4時(東海岸)1時(西海岸)ESPNで放映予定。

それと女子はHenin対Pierce。これも面白いね。2000年の全仏覇者Pierceとやっと帰ってきたよHenin。まあHeninが優勝するだろうと思ってたけど、Pierceの準決勝の戦いを見てるとこれまた分からん。。。個人的にはHeninに復活優勝してほしいけど。。。
女子の決勝は明日4日(アメリカ)の予定。コレもお見逃しなく。。。
[PR]
by takuearth | 2005-06-04 00:52 | 今だ学生。。。
リベンジ―Auld Golf Course
ここ連日”勉強&ジム”の繰り返し。 そろそろ退屈を感じ始めている。。。

とそんなときの為のゴルフだけど、今日は彼女が夕方からのシフトなのでその間行って来ました。先日のAuld golf course。 まず最初にカメラを持っていこうと思ったのにも拘らず、見事忘れました。申し訳ありません。 ここには野うさぎがまさに”うようよ”いて、途中には”白鷺”のような鳥まで現れてくる。そんな綺麗なところなんです。また行く機会があれば今度こそは写真を。

それと先日レッスンを受けるといいましたが止めました。
理由その1 色々なCDが欲しいのでレッスンを諦めた。
理由その2 球が右に出る理由が分かった。(内藤雄士の本のおかげ、本も役に立つもんだ)
理由その3 自分で直すところがゴルフの楽しみの一つでもあると思っている。
理由その4 ちょっと意地になっている。

まあ本を読んで理由は分かったものの、その後実際に球を打ってないというある意味無謀な状態でコースに挑みました。

出だし3ホール―パーオン&2パットでパー(前回と同じ。) 勿論気分上々

4ホール目―珍しくドライバーでダフル。おもわず苦笑。その後グリーン手前まで運ぶものの、チッピングをミスり、更に3パット。最悪のトリプルボギー。ちょっと止めたい気分が出始める。

5ホール目―グリーンを外し、チッピングにも失敗してボギー。調子は完全に下降気味。

6ホール目(パー5)―2打でグリーン横のバンカーまで行くがそこからバンカー往復コースで3打叩き、ダブルボギー。バンカー恐怖症が自分の中に芽生える。今日は最悪な予感。

7ホール目(パー3)―200ヤードという嫌がらせとしか思えないこのホール。1打目見事にグリーン手前のバンカーへ。自棄になって打った球が見事ピンそばに落ち、ラッキーパー。

8,9ホール目―何とかパーで切り上げる。ちょっと調子が良くなってきたかも。。。。前半42であがる。

10、11,12ホール―ドライバーは左に行ったり右に行ったり。でも2打目をグリーンに乗っけてパーでしのぐ。

13ホール(パー3)―再びバンカー。今度は失敗し、ボギー。ここバンカー多すぎ。

14ホール(パー4)―ドライバーが思いっきり右に行き、ボールが消えたと思ったら隣のコースに残っている。ボギーで切り抜ける。 途中ウサギを引きそうになる。

15ホール―パー。段々書くのが面倒くさくなってきた。多分皆さんもつまらないだろう。。。だがしかし。。。

16ホール―ドライバーを外すも2打でグリーンにのせ、そこからなんとラッキーバーディー。コレだからゴルフは楽しい~。

17ホール(パー3)―175ヤードをなんとベタピンに寄せる。スイング良い感じだぜ~。らくらくバーディー。

18ホール(パー5)―ドライバーをフェアウエーに打った後”3連続バーディー”なんて欲張りなことを考え始め、残り230ヤード上りを5ウッドでマン振りする!。。。。。結果。グリーン横のハザード地帯にボール二つ分入っていた。。。寄せにも失敗し、結局ダブルボギー(泣)。後半38.

と、長い説明になりましたが合計80です。難易度が71.7のところで80はいいほうです。
今日の反省点。
バンカーの練習をしろ! 無謀な挑戦のしっぺ返しは大きすぎる。
でも~~。
今日の収穫は大きすぎる、too。 スイングを変えたことによって球は真っ直ぐ行き始めたし(たまに左に引っ掛けるという欠点も生まれ始めたが、しばらくは仕方がない)弾道は高くなって今日のような硬いグリーンでもやっていける。。。

どのようにスイングを変えたかは。。。説明しにくい。。。でも一言で言えば”テークバックをインサイドに引かないこと”です。

いや~今日はぐっすり寝れそう。。。
なめたブログですみません。。。
[PR]
by takuearth | 2005-06-03 12:44 | 熱く語れ!~ゴルフ~
音楽の月第一弾 ”Oasis”
久しぶりにCD屋に行ったらなんだか今月はえらい事になってるぞ。
Oasis,Coldplay,Gorillaz、White Stripes,Foo fighters,Benfoldsまで出してるし、
仕舞いにはSmashing PampkinsのBilly Corgan まで出すとは。
最後にBackstreet Boysがまだ死んでなかったところが笑えたけど。。。 
まあとにかく全てを買う予算はあるわけないし、でもそろそろ友達から音楽をダウンロードしてもらう行為も止めたいと思ってるし。。。

ということでまずは第一弾。(早速ですが。。。)
Oasis ”Don’t believe the truth” 頼むよOasis今度こそ期待を裏切らないでくれ。。。
まずはジャケットを。
a0033717_43112.jpg
まず物を手にして最初に思ったことは”おい!ドラマーのホワイティ~がいないぞ!!脱退??”と思いサイトを調べてみたら手の怪我の為今回のアルバムは参加してないらしい。。。最初から驚かせてくれるぜ、奴等は。
さて、実際聞き始めてみると。。。あれ?あんまり良くない?
(1,2曲聴いた後) ふ~ん。
(3曲目後)いいんじゃない?
(5曲目のイントロで)あれ?これ水戸黄門かぶってる?(笑)
(8曲目で)いいんでない?やはり前回の作品からメンバー変えたから音はかなり良くなったよね~。
(9曲目の途中)おおっ!かなりいいじゃん。この曲いいね~~。
(11曲目最後の曲を聴いて)ん~やはりOasis、質が高い!!Best Albumとは言えないけど。(僕の中ではどうしてもThe Master planがベストになってしまう)このアルバムはいいですよ~。9曲目は特に良い!! 

Oasis自身も1stアルバムを除けば最高の出来だと言っているらしいです。(毎回言ってる気がするけど。。。) 只今世界ツアー中のOasis。前回Indianapolisでのコンサートを中止して以来来てないけどどうなってんだおい!(コンサート前夜に乗っていたタクシーが事故った為)あの時また必ず来るからと誓ったはずなのに。 このアルバムだったらコンサートも期待できまっせ。畜生。。俺もサマソニに行きたい。。。。

来週はColdplayの3rdアルバム発売。コレはかなり期待できます。
はっきり言ってOasisを一蹴してくれることだろう。
先行発売の”Speed of sound”だけでも良い!!
来年のグラミーは彼等だね。
ちなみに8月にIndianapolisに上陸予定。
気合入れるぜ。
[PR]
by takuearth | 2005-06-02 04:42 | たまにはテニスも
Mission Beachにて
昨日月曜日が”Memorial Day”の祝日だった為、彼女の友達(カップル)がLosAngelesから遊びに来ました。
その為”朝スタバ”はオヤスミさせてもらいました。
そうそう、前回のBlogで終っていた、彼女との遊びの話ですが、実は車やに行って試乗をして来ようかという予定でした。でも彼女のお目当て”Mini Cooper”を取り扱っているBMWが近くにない為断念。結局Internetで引越しやを探すということで終ってしまいました。予定と大違い。

それはいいとして、彼女の友達カップルは何回かSanDiegoに来た事はあるものの、海岸に行ったことがないというので4人で”Mission Beach”という場所へ。
この彼氏の車で移動したんだけど、その車はアジア人から人気が高い”Subaru Impreza”
久しぶりに早い車に乗ったよ。スポーツカーというかラリーカー特有のサスの感触とか高速でカーブを曲がるときの強さ。そして勿論5Speedのマニュアル。ん~やはりスポーツカー一度は乗りたいね~、と感じさせる車だったけど、その彼氏、スピード狂で流石の俺も車酔いしました。
あの運転じゃあ”豆腐”は配達できないね~。

まあ車の話はいいとして、そのMission Beach、とんでもない状態に。
百聞は一見にしかず。まずはこの写真を。
a0033717_6422488.jpg

まさにコレは”Spring Break in Florida”といった感じ。大学生と思われる人達が約1キロはあるだろう海岸を埋め尽くし、皆でビール飲んで、ビーチバレーやったりともう凄い凄い。普通の洋服を着ている自分等が恥ずかしくなるくらい周りは水着だらけ。ちなみに3日前のこの海岸の姿もお見せします。こちら。
a0033717_6424440.jpg

親子でのんびりと過ごしてる姿。そんな海岸が3日後にはParty会場ですよ。
ここに参加したいと思いつつも、みんなの立派な肉体に圧倒され、僕等は静かに海岸を立ち去るのでした。。。。。
[PR]
by takuearth | 2005-06-01 06:46 | 今だ学生。。。



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth