<   2005年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧
弟子の行方
燦々と太陽が照りつけるアメリカ西海岸からのある電話。。。

”もしもし、Takuさん。今どこに居るかわかります?ぺブルビーチに来てるんですよ~。
ここめちゃめちゃ綺麗ですよ~。今、そこでご飯食べてますよ~。”

一方受け手のわたくし、アメリカ中西部。天気、雪。唯今バイト中。

嫌がらせとしか言いようのないこの一本の電話。
ぺブルビーチというのはゴルファーなら誰もが一度はプレイしたいと思う伝統的ゴルフコース。
サンフランシスコ南部に在る海沿いに設立されたアメリカで一番有名なパブリックゴルフコース。

そんな素敵なゴルフコースに彼の彼女と彼女のお母さんと一緒に見学に言った彼は、その喜びをわざわざ電話で伝えてきたのである。

恥ずかしながら、その彼、わたくしの一番弟子です。(ゴルフのね)
ゴルフというものは本当に怖いもので、簡単に人を”ゴルフ馬鹿”に変えてしまうのです。
ぺブルビーチに行って子供のようにはしゃいでしまった彼、間違いなく”ゴルフ馬鹿”です。
全くの嫌がらせだったその電話を受けた僕は、逆に弟子の育ちぶりに喜んでしまい、
”海沿いにゴルフコースの中を歩いていけるから行ったほうがいいぜ~。めっちゃ綺麗だから”
なんてアドバイスまでする始末。
だって、わざわざ現地から電話で報告してくるなんて師匠としては嬉しい限りじゃあないですか。
最後には”今度こっちにTakuさんがこっちに遊びに来たときは是非ここでプレイしましょう”
なんて粋なことを言ってくれる。全く、憎い奴だぜ。。。しかし、プレイ代は約400ドル。
その将来はいつやってくるのやら。。。

彼はサンフランシスコで看護士をやり、高収入を得ているので400ドルは可愛いものなのかもしれませんが。。。。
一つだけ、気にくわなかった事が。。。
彼らがそこで食事してるといいましたが、そこのレストランかなり高い!!
以前彼女とそこのゴルフ場へ見学に行ったときにレストランも覘いたのですが、
二人で100ドル行きそうなくらい高かった。
その時二人で”将来稼ぐようになってから出直してこよう”と誓ったのですが、
彼はそれをいとも簡単にクリアーしてしまった。まさに”弟子”に先越されてしまったのです。(苦笑)

それでも彼は憎めない奴。
将来君の奢りでそこでプレイすることを師匠は望んでるぜ。
[PR]
by takuearth | 2005-01-31 09:09 | 今だ学生。。。
Australian Open
Australian Open Tennisが終わりました。
今回100回記念だったこの大会、歴史に名を残したのは男子Safinと女子Seneraだった。

Serena Williamsは本来の力がやっと戻ってきたのだろう。
今調子がいいDavenportを逆転しての優勝。
今年、彼女はまた世界ナンバーワンを目指して登ってくること間違いなし。
僕としては早くJustine Henin-Hardenne がツアー復活してあの豪快なスイングで相手を翻弄してもらいたいのですが、彼女の復帰は今のところ未定。
一方で、あの天才テニスプレーヤーMartina Hingisが復活する話がある。
これはどこかのサイトで見たのだが、とりあえずはチャリティー形式の大会に出場するらしい。
そこで調子が良ければ本格的に復活する可能性があると伝えられてるが、以前のように世界Top10に入るのはまず無理だろう。彼女のテニスは今のパワフルテニスに合わない。(ちょっときついかもしれませんが。。。。)

さて、話は戻って、男子。
Safin、優勝しましたね~。次なるレベルにこれで達したことでしょう。(笑)
テニスのスタイル的にやはりSafinが有利だったのかもしれない。
Safinの攻撃的テニス。そして守備型のHewittのテニス。
Safinのテニスがコート内で収まるような展開ならやはり彼が有利になってしまう。
第一セットこそ落としたものの、そこからは見事な展開で戦ったよう。(実際見てないので想像でお話しております。。。)
この先もSafinには今のレベルを保って活躍して欲しいものです。おっとこまえだしね。

それにしても早くテニスしたいね~。こちら外が寒すぎて出来ません。
それでもたまに氷点下に達しない日があるのでタイミングを見計らってテニスをしようとは、友達と話しているのですが。 あと一ヶ月ぐらいは無理かもね~。
[PR]
by takuearth | 2005-01-30 13:16 | 熱く語れ!~ゴルフ~
Federer.....惜敗。。。
な、なんとFedererがSafinに負けてしまった。。。。
あれだけFedererが優勝するだろうと豪語してた自分が情けない。。。。
というか、Safin強かった。。。

今朝この情報を手に入れてから、”TVでこの試合を見ないわけにはいかない”と思い、
すぐさま何時から放映されるか調べて、そして2時からTVのある場所へ。

試合放映時間は3時間。しかし試合時間は約5時間。さらに3時半から授業。
授業をサボってまで全てを見たい気持ちでしたが、
流石にそれは止めておきました。(迷う時点でまずい?)

観戦場所は昨日入ったFitness club. Federerと共に体を動かしながら見ようじゃないか、
ということで。(あまり意味ありませんが。。。)

受付のお姉ちゃんに頼んでチャンネル変えてもらってTVの目の前にある自転車に乗り込む。
こんな時疲れと時間を全く感じない自分が怖いね~。

さて、第一セット。のっけからいい試合してました。
お互い高速サーブで自分のゲームを守りつつ、Safinは早いテンポでポイントを稼ごうとする。
一方、Federerは長いストロークの中で自分の形に持って行こうとする。
序盤気になったのはFedererのミス。特にバックハンド。
まあSafinの深いショットがミスを誘うんだろけど、やや気になる。
第一セットはSafinの連続ミスショットを機にFedererがBreak。7-5でFedererがとる。
はっきり言って第一セットからどちらがとってもおかしくなかった。
流れはどちらにも傾いてなかった。

このような均衡した状態で第一セットを取られたSafinはラケットを投げ、
明らかに今までの”Safin”になりつつあった。究極を求めるあまり、切れてしまうSafinである。
第二セットの第一ゲームはまさにその象徴だった。
Safinはミスを連発し、Federerに簡単にサービスゲームを取られてしまう。
僕も解説者もこの試合の流れは完全にFedererに傾いたと思った。
しかし!そこからSafinは成熟した姿を見せ始めたのである。
Federerのバックハンドに玉を集め始め、また、彼のサーブは安定していた。
早い段階でポイントを稼ごうとするSafin,そしてストロークに持っていこうとするFederer。
この互いの作戦はコート上で渦のように絡み、
試合がどっちに転んでもおかしくない状態を保ち始めた。
そんな時、Federerがこの大会初めて自分のゲームを落とす。
このあたりからFedererが大事な場面でMissをし始める。

実際TVで見ていたのはここまで。
見たときに最終結果を知らなければ、本当にどっちが勝ってもおかしくない状況だった。
ただ、Safinの精神的成長ははっきりとわかったし、逆にFedererの方はいつもの落ち着いた試合運びが出来てないように見えた。

結局試合は5-7、6-4、5-7、7-6(8-6)、9-7でSafinが勝利を手にした。
スコアーを見てお分かりのとおり、ほんの少しのミスと運で試合が決まったようなものである。
実際Federerは第4セットで一度マッチポイントを手にしてるが、それを逃している。
また、Safinは最終セット、マッチポイントが6回ありながら逃し、7回目でやっとこの試合にけりをつけた。
第五セットまでもつれた場合の統計ではSafinが圧倒的な勝率を持っていて、逆にFedererはあまり良くない。
今回も統計と同じ流れになってしまったわけだが、やはりFedererは最終セット、というよりは長期戦に弱いのか。
第5セット目、Federerは背中と腕に違和感を覚え、トレーナーを呼んでるし、また、ダブルフォルト、ミスショットと多くのミスを第5セットに犯してしまった。

それにしても、この4年間の間に3回も全豪オープンの決勝に登場しているSafin。
この勝利で彼が得たものは相当大きい。
自分を厳しく追い込むまさに”Soviet Mentality”の脱却に成功したのではないか。
Safinは技術はあるが、精神的に弱いといわれてきた。
それは自分に厳しくするあまり、自分の行き場を失ってしまうという結果から来たもの。
現に全仏、全豪、そしてシドニー五輪優勝のYevgeny Kafelnikovは、そのSoviet Mentalityの影響で自分を失ってしまったといわれている。(Safin曰く) (ちなみにこんな面白い記事見つけました。これもSoviet Mentalityから来るものか?だとしたら彼らはみんなギャンブラ~?)

世界王者Federerを倒したことで、Safinは次ぎなるレベルに達したことは間違いない。
この先Federer一人のための男子テニス界になると思われたが、2強、3強とSafinやHewittなどのライバルが現れてくることによってより盛り上がるだろう。

それにしても男子ベスト4はしっかりトップシードの4人が集まっているところが凄い。
明日行われるHewitt対Roddickもそうだけど、誰が優勝しても可笑しくない。
決勝で意外とSafinが負けるんではないかと密かに思ったりしてますが。。。(笑)
なぜならFedererに勝ったことで、闘志が燃え尽きてやいないかと心配で。。。
今までの彼ならありえそう。。。
もしそうなったら、彼は次なるレベルに結局達することが出来なかったということで。(笑)

最後に、明日は男子準決勝。明後日は女子決勝。そしてその次の日は男子決勝です。
女子はDavenport対Serena Williams。 
Serena復活なるか?それともダイエット成功者(笑)Davenportか?これまた楽しみです。
[PR]
by takuearth | 2005-01-28 15:27 | 熱く語れ!~ゴルフ~
人生の予感
なぜだか知らないが、今年からバレンタインデーは僕から彼女に何かを送ることになってしまいました。
日本流(女性から男性にあげる)方式からアメリカ流(男性から女性にあげる)に今回からスイッチするというのです。
そんな約束したか?
でも記憶力の良い彼女がそう言うので、無理やり丸め込まれた感じで”はい”と言わざるを得なかった。。。

年下彼氏、力及ばず。。。。(泣)

とは言え、今までこれと言って何かをしてきた訳ではないんだよね。
それなのにも関わらず、勝利を挙げた彼女は調子に乗って”お花”が欲しいなんて言い出す始末。
頭の中では美味しいチョコレートでも送ろうかと思っていた矢先にそんなこと言われたもんだから、僕の怒りのバロメーターが少し反応してしまった。。。いやいや、まだ大丈夫。

しょうがねーなー。

ということで、Internetで花の郵送を調べてみる。おいおい、意外と高いじゃねえか~。
やはりベタなバラか?それとも自分の好みでチューリップか?ちょっと彼女からそこら辺探ってみるかと思って先程電話してたら、更に調子に乗ったことを言い出す。

”ブラジャーが欲しいな~”。。。。。殺すぞこら!

誰がバレンタインでそんなもん送るか!

全くもって、その一言で送る気をなくしてしまった。
そんな調子に乗った彼女にはカード一枚で十分じゃ!!

それにしても、駄目だな~、自分。
彼女の調教、全く持って”下手”です。5年以上付き合ってるのに。
こんな状態で自分に女の子の子供が出来たら上手くやってイケなそう。。。。

神様、どうかこんな健気なわたくしに玉が二つ付いた子供を授けてください。。。。

ゴルフ的調教しますんで。。。。毎日素振りさせますんで。。。。

ん~そんなこと言いながら女の子が生まれてきそうな気がする。。。

俺の人生どうなる~~~!!!
[PR]
by takuearth | 2005-01-27 15:58 | 今だ学生。。。
全豪オープン4強出揃う
昨日寝てないせいで生活のリズムが狂いつつある。

まあそれはいいとして、いよいよAustralian Open (tennis)が終盤に入ってきました。

男子は序盤”おいどうした”と思えるプレーをしていた第一シード、Roger Federerであったが、後半戦に入ってきて本来の動きが戻ってきたよう。
おじさんプレーヤー(敬意を込めて呼ばさせてもらってます)Andre Agassiをサーブゲーム落とすことなくストレート勝ち。やはりFedererがこのまま優勝か?

そのFedererの次なる相手は”むら”がありありなMarat Safin。しかし去年終わりからマスターズを2連勝し、確実に調子を上げてきているだけに、Federerを倒す可能性はなくはない。

もう一つの山はLleyton HewittAndy Roddickが勝ち上がってくるだろう。
完全復活を目指すHewittとRoddickの戦い。最近Roddickがあまり良くないだけにHewittに有利な展開になるだろう。 

そうなってくるとやはり去年のU.S.Openの時のように決勝はFederer対Hewittの組み合わせになりそうだが。。。。
どうなるにしろ、Federerの圧倒的有利な立場は変わらないだろう。
彼、はっきり言って強すぎ。
そんな強すぎなFederer大好きです。
彼は間違いなく伝説的なプレイヤーになるだろう。

それにしても自分の家でTVが見れないのがいたい。。。
もう一度CableTVに加入か?!
[PR]
by takuearth | 2005-01-26 14:41 | 熱く語れ!~ゴルフ~
夜の雄叫び(怒り編)
最近お隣さんがかなり調子に乗ってきてるぜ。 もう俺ぶち切れ寸前。

唯今午前3時。 

おい、お隣のハンス(韓国人)!お前こんな時間に重低音利かして戦争ゲームするな!
週末はまあ目をつぶってやろう。でも平日は決して許せねえ。

よくキンキン声の彼女と大声で喧嘩して週一ぐらいで泣かしてる事は俺は知っている。
そんなお前の失態、世の中にぶちまけてもいいんだぜ~。

そんな戦争ゲームの音に比べたら彼女の不細工な鳴き声なんて可愛いもんよ。

お前がパーティー好きなのも知っている。週に1,2回は韓国人集めてドンちゃん騒ぎしてるよな。
それもしょうがねえ。目をつぶってやろう。

でも折角眠りにつこうとしたときに聞こえるゲームの音だけは許せねえ。

今思い出したけど、先日戦争に巻き込まれて、最終的に自分が死ぬ夢を見たけど、それはお前のゲーム音のせいか!!俺の大切な夢の時間まで。。。。許せねえ。。。

おい!聞いてんのか! 
いまさら静かになりやがって。俺はすっかり徹夜態勢になっちまったじゃねえか~!!

コーヒー飲みながらこのブログ書いて、頭はもう”ぎんぎん”になっちまったじゃねえか~!!

こうなったらお前も道づれじゃ~。 
尾崎豊大音量で聞いたろ~か~!!
そしてお前の今夜の夢は”自殺”の夢じゃ~~~~!!
[PR]
by takuearth | 2005-01-25 17:52 | 今だ学生。。。
冷めた優勝(Buick Invitational編)
(今回の話題、後半特にゴルフのマニアックな話になっているので、興味のない方、御止しになったほうがいいで~。)

さて、なぜかタイガーウッズが優勝すると僕の中で冷めてしまう。
これを言うと多くの人から反感をかってしまうが、僕の中では”タイガーが優勝できそうだったけど他の人にさらわれてしまった”形が大好きなのである。

かなり皮肉な考えですが、今回のBuick Invitational、後半タイガーが残り2,3ホールで”あーこのまま行けばタイガー優勝するな”と思ったとき、見るのを止めたくなる気分にまでなった。

ん~なぜでしょう。タイガー確かに上手いし、格好いいけど僕の中では既に彼が優勝する姿は興奮を覚えない。逆に下から這い上がってきた人が優勝するほうが”感動”もそこに表れていいんだけどね~。

今回そうなるチャンスは大いにあった。
最終日一位タイでスタートしたベテラン、トムレーマン。彼は以前ワールドランキング一位にもなった男だが、2000年以来優勝がない。まさにここで優勝すれば”ドラマ”となっていた。。

もう一人、一位タイでスタートした若手のホープ、ルークドナルド。Northwestern University時代NCAAで一位にもなったこのイギリス人は去年もこの大会で優勝をあと一歩のところで逃している。優勝すれば”去年のリベンジ”と謳われただろう。

更に我が彼女お気に入りのチャールズハウエル3世。去年調子を落としたが先週の大会で3位と調子を上げてきている。彼が優勝すれば、そりゃあもう、家の彼女が大喜びしただろう。。。(泣)

この先ゴルフマニア以外立ち入り禁止!
[PR]
by takuearth | 2005-01-25 08:03 | 熱く語れ!~ゴルフ~
ある日曜夜中の哀れな姿
わたくし、元来だらしない性格な為、少しでも生活のリズムが崩れると周りの物もどんどん崩れていく。

1、勉強の計画(まあいつものことですが、今回、早くもこれ登場。)
2、部屋が荒れだす。(脱いだものぐらいちゃんと洗濯箱入れようぜ、兄貴)
3、シンクの中に食器の山(おいおい、部屋がカレー&コーヒー臭くないか?)
4、机の上(教科書、領収書、カレンダー、地図。。。って俺ナニやってんだ?)

唯一綺麗な場所。。。パターマットの周り。。。。(神聖なる場所ですから。苦笑)

まずいですね~この傾向。そして最後にこのブログ。3日も休んでしまいました。

でもまずブログを埋めるこのぼろぼろな僕。
今回は自分の情けない姿をここで披露することで自分を改善していこうかと。


今宵はウイスキーと共に頑張ってこの週末のブログ埋めますか。
[PR]
by takuearth | 2005-01-24 16:21 | 今だ学生。。。
懐かしの御婆ちゃんの味
先日バイトをしていたらバイト先のオーナーがあるボトルを持ってきた。
それは今では見ることのない350ccのペプシの”ビン”の容器。団栗型をしたあの懐かしい形。
その懐かしい容器に入ったものは手作りの梅酒。
オーナーが今月の初めに日本に遊びに行き、その時に友達からもらった物らしい。

仕事中にもかかわらず呑まされる僕等。するとそれは僕の中に長く眠っていたある記憶を思い出された。

昔風邪をひくと御婆ちゃんに良く薬のようなものを飲まされていた。
あの頃は激マズだったあの味。
特製のビンに入った、今思い出せばまさにオレンジ色だったあの飲み物。

あの懐かしき飲み物そのままではないか!
今思えばあれは”かりん酒”と呼ばれてた。
かりん酒と梅酒は違うけども、当時のかりん酒も多分手作りだったんだろう。
家のおばあちゃんはまだ健在ですが、酔っ払いながらもその懐かしき思い出に少し浸ったある夜でした。

。。。。。

それにしても子供にしてあの強いお酒を飲まされていた僕。酒乱への道はそこから既に初まっていたのか?だとしたら相当な英才教育を僕は施されていたことになる。。。

余談ですが、そのオーナーはその味を全く気に入らず、折角もらったものを普通に捨ててました。
アメリカ人相変わらずやること凄いね~。
そういえばこっちのある日本人の友達も友達からもらったプレゼント大切にしてないな~。
やはり”日本の心”大切にしないとね~。(苦笑)
[PR]
by takuearth | 2005-01-23 07:09 | 今だ学生。。。
人の影響
人からの影響というものは時に大きく、その人の人生を左右させるにまで至ること、あります。

僕がアメリカに来たのも写真、人物に影響され来たのもありますし、最近ウイスキー好きになったのもある髭を生やした若者からの影響。今では気っても切れない関係になってしまったゴルフもそう。

影響された側はあまり何も感じないかもしれませんが、影響”させた側”は時に申し訳なく思ってしまう。

今回まさに影響”させて”しまいました。
それはこれ。

”ゴルフ好きの彼氏を持つ彼女、遂に独りでゴルフ大会観戦に行く”です。

まあ遠まわしに説明しましたが、僕の彼女遂にゴルフ好きになってしまい昨日独りで
”Buick Invitational”のゴルフ大会に行ったのです。是まさに”奇跡”としか言いようがない!

この大会彼女の住むSanDiegoで行われていますが、誰が勧めたわけでもなく、ただ、彼女の働く病院がその大会のスポンサーだったという理由でで急に”ちょっと行って来るわ”的な発言をしたのは先月の話。

それでも僕の中で本当に行くとは思っていなかった。ゴルフの知識は少しは覚えたものの、選手の名前は有名どころ、プラス格好いい男しか知らない彼女。
そう、少し、そこには”不純”な動機があるのですが、まあそこは目をつぶるとしよう。
さらに、出不精な彼女が独りで車を走らせ30分かけてゴルフを見に行くなんて事は非現実的だった。

当日(土曜日)の朝もそう、あまり体調がよくない事を理由に行くのを止めようかななんて言い出し始め、”まあ少しでも期待した自分が馬鹿だったよ”と思ったが、数時間後の電話は明るい声で”今着いたよ~”って。  おいおい、さっきのやる気のなさはどこにいった。

こんな奇跡的は出来事は勿論彼女の師匠でもある僕にとってかなり嬉しい話ではあった。
”育てた甲斐あったよ~”なんて感じで誰かに話したいほど。
実際僕はバイトにも関わらず仕事中にちょくちょく彼女に電話しては現場の雰囲気を味わっていた。。。
嬉しさの影には相当なる”嫉妬”が隠れていたのも確かですが。。。

”タイガーが今2メートルの所に居る!”とか
”丸ちゃんがパターの練習してるよ!!”
”キャ~チャールズハウエルIIIが居る~”

なんて興奮した声で解説されても僕のいる所は雪景色。
ゴルフという現実から相当離れた世界。
いいよね~雪の降らない世界は。

ここまでゴルフ好きにさせてしまったことを”少し”申し訳なく思っています。

まあ、”かっこいい人を見に行く”という不順な理由もそこにはありますが、あまり自分の趣味を持たない彼女にとって”ゴルフ”がその一つになった事に微笑んだ僕がそこに居たのは言うまでもありませんが。
[PR]
by takuearth | 2005-01-22 16:21 | 熱く語れ!~ゴルフ~



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth