<   2004年 12月 ( 28 )   > この月の画像一覧
洪水警報注意せよ!!
ここ二日間San DiegoというよりはCalifornia全体で大雨が続いている為あちこちで洪水警報みたいなのが出てます。
SanDiegoに居て雨に出会えるなんて(しかも二日連続で)まるで。。。まるで。。。。テニスで僕のバックハンドがエースを取るぐらい珍しい。。(ってわかりにく!)

まあそんなわけでここ二日は彼女と彼女のお姉ちゃんの買い物に付き合わされてます。

女性が二人も集まると本当に彼女達の買い物パワーに驚かされる。
僕の買い物好きも”へっ可愛いもんだぜ”ってなもんです。

今日はこれから動物園へ。全く毎日大変大変。運転手は辛いね~。

そんな生活の中でもこうやって朝家から抜け出してスタバに来て、日記書いて、夜は夜で彼女の会員カード使ってジムに行ってます。(ちょっとせこいか?!)

さすがCalifornia。ジムに行くとかなり大勢の人たちが居て驚かされます。やはり都会の人達は健康に関して敏感かもね。 でも、ムキムキの男を見るとどうも皆”ゲイ”に見えてしまって。。。Californiaだけに余計。。。

さて、今年も終わりを迎えようとしてますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。
アメリカに長く住んでいると年賀状を書くという作業を簡単に怠ってしまって全く良くありません。(笑)

来年から僕も大学院ということで今、珍しくやる気満々の状態です。

来年は僕にとって大きなる飛躍の年(にしなければならない。。。。予定。。)

CPAとって就職しますよ。そしたらこのアメリカ留学生活も一つのピリオドを終えられるというものです。
そろそろこの”青春学生生活編 in U.S"(どこかじゃって?)は終わりにして
”ジャズをバックミュージックに、片手にウィスキ~そしてもう片方にシャム猫。そんなムーディ~なアメリカンライフ編”をお送りしたいですね~。(笑)

なんだか今日はまとまりのない話ばかりになってしまいましたが、今日はここら辺で。
それではまたっ。
[PR]
by takuearth | 2004-12-30 02:49 | ん~旅行に限る
もぬけの殻、Taku
昨夜雲隠れしながらこの日記を書いていたのは夜10時の事。 アイスコーヒーを飲みながら。

すると夜中待っていたのは、浅い眠りの嵐!!
色々な夢を見ては目を覚まし、結局朝6時に起きてしまった。

静か~に彼女のアパートを出て、コンピュータを持参して再びスタバへ。

なんだか朝から気持ちいいね~。しかも今日は虹まで顔を出している。店内には”US3”の歌まで流れてるし。体をリズムと共に揺らしたりして。

なんてすみません。有意義な生活しちゃってます。(笑)

でも余りよく寝れてないので、たまにコンピューター見つめたまま意識が飛んでます。(苦笑)もぬけの殻、Takuです。

さて、今日は昨日の続き、12月18日からの日記を更新したいと思います。

ちなみに、久しぶりに日記を見た人は28日>29日(今日)>17日>18日>>の順番で見てください。順番がごちゃごちゃになってすみません。(泣)

それではごらんあれ~。
[PR]
by takuearth | 2004-12-29 00:28 | ん~旅行に限る
私(わたくし)生きてます。
長い間、日記を留守にしていると必ずこのタイトルを書く癖があります、Takuです。

皆さんどんなクリスマスを過ごしましたか?僕は勿論。。。。。母親と二人です。。。

なんだかクリスマスらしさを全く感じなかったクリスマスでした。(別に悪い意味ではありません母君)

さて、今日は27日。SanDiegoにいます。
10日余りの母親との旅行もあっという間にラスベガスで終わりを告げ、今は彼女のいるSanDiego
今久しぶりの1人の時間を楽しんでます。(彼女の家から抜け出してきました。苦笑)

今日から少しずつ旅行を振り返りながら日記を書いていきたいと思ってます。
本当なら写真を載せながらお送りしたいのですが、
コンピューターとカメラをつなげるコードを忘れてしまいました。。。。(すんません。。。泣)

では、波乱万丈のTaku&Masakoの自己啓発旅行。。。ではなくて親孝行旅行をお送りいたします。

事実と食い違うところがありましたらどしどし文句を書き込んでください。母君。(笑)

それでは12月17日まで振り返って。。。。。。。
[PR]
by takuearth | 2004-12-28 13:55 | ん~旅行に限る
母親の新しい一面。ラスベガス編
さてしばらくほったらかしにされていた12月25日のブログ。

この日はこの旅の最終日。(明日は飛行機に乗って帰るだけなので。)

お土産等を買い過ぎた為、荷物を持って帰れるか心配だった母も、
昨日ダンボールを手に入れ全てのパッキングが終了した為、なんだか少し気が抜けたよう。

朝食を食べた後にお別れを告げるかのように見たグランドキャニオンに向かって
”もうここはいいわね”的な発言をした母。結局グランドキャニオンはそれだけの価値だけだったのかもしれません。(苦笑)

僕の中では”次回是非またここに来て今度は谷底まで歩いてみせる”と心に誓ったのですが。

まあ、ということでさっさとグランドキャニオンに別れを告げて誰もが愛する街”ラスベガス”へ出発。

途中”荒野”としか呼べない景色を両脇に見ながらこの旅がまもなく終わる寂しさを感じつつ、やはりこのようなのんびりした時間を過ごすのは”人生の至福”としみじみ思いました。

でっかいキャンピングカーを買って将来旅をするのも意外と悪くないものなのかもしれません。
と言いつつ、毎日のようにゴルフをする生活を夢見てますが。。。。。

昼過ぎにラスベガスについて、まずは比較的新しい巨大ショッピングモールをもつ”アラジン”へ。
ここへ来るとやはり日本人が多く、自然と日本人を見るとその人たちを観察したくなってしまう僕等親子。 両手に買い物袋を沢山持ってたりすると”観光客だね~”なんて思ってしまうんですが。。。(いやいや僕らもですが。。(苦笑))
アメリカに住む息子を引き連れているということでちょっとだけ”優越感”に浸ってしまうのはわかりますが。。。(というか僕も感じてますが。。。)

久しぶりに料理らしい料理を食べて、母親はまだ”買い物”をし、そしてホテルに移動。

それにしてもラスベガスのホテルはどこも”でかい!!!”
”大きい”ではこの規模が伝わりません。”でかい”が正しい言葉です、この場合。

二人で大きなスーツケースを持ってホテルの端から端まで歩いてやっと部屋までたどり着く。
そこで部屋の鍵が開かないというハプニングが起きましたが何とか入れて少しばかりの
”ホッと一息タイム”。

しか~し。ここはベガス。そして明日までのタイムリミットは限られてる。
休んでいる暇はありません。すぐさまカジノに行くべし、行くべし!

ということで夕食までの2,3時間、母親を部屋に残して僕はカジノに通じるエレベーターに乗り込む。
命の”60ドル”を握り締めて。

頭の中では機械ではなく人間と勝負したほうが良いと思ってたので行き先は”ルーレット”と考えていた。
でもそこにたどり着く途中、なんとも魅力的な物が。。。
それは日産のスカイラインがあたるスロットマシーンがあったのです!

車が壊れている僕にとってこれほど魅力的なゲームはなかった。
”俺に当てろと言っている。。。”そうアホなかん違いをした僕は躊躇いもなくそのゲームを始める。

。。。。。。

20ドルつぎ込んでもいっこうに当たらない。。。そして40ドル。。。残り20ドル。。
そのときまだ始まって30分。
下に降りてきてたった4,50分で部屋に帰るのはまずいと思い仕方なくゲームを変えることに。
すると少しずつ当たり始め20ドルから50ドル。そしてまた機械を変えて50ドルから90ドル。
夕食の時間になるとなんとプラス30ドルになっているではないか。
余談ですが、ラスベガスのカジノはビールをタダでくれるので調子に乗った僕はその時までに既に3本消費。更にすきっ腹ということでかなりベロベロ。

そんな状態で部屋に戻り、高らかに”90ドルに増えたぜ~”的な発言を母にした僕は意気揚々と夕食を食べに行ったのでした。

終わり。

と、言いたいところですが、さすがベガス。夜は長い。(ちょっと意味不明になってきました。)
態度の悪いウエイターが居た日本食屋を出た僕らが向かった先は勿論”カジノ”。
食事中に先程の”車”のゲームで負けたことを母に告げるとなぜだか急に乗り気になってしまって、”強い味方”を得た僕は二人で”リベンジ”の如くそこに向かったのです。

笑えることに母は幾つかの台を見回して台を選んでいる。まるで”プロ”のように。
本当は完全に”素人”ですが。。(笑)
でもその選別は間違ってなかった。
先程の90ドルを使って始めたゲームはあれよあれよと増えて一時は300ドルにまで。
しかし肝心の車はなかなか来ない。台に囲まれた車が目の前で回っている。
まさにそれに”目がくらんだ”母はそこで止めない。いつか車が当たる事を信じて。
そんな母親の目は今まで見たことがない”プロ”の目だった。(かなり大袈裟ですが。。(笑))

そんな母親を見てると僕まで当たった後の事なんかを考えてしまって。。。
”車でIndianaまで帰るんだったら帰りの飛行機は要らないな~”とか、”これ当たったらVIPルームに泊まらせてくれるのか?”などくだらない事まで。

結局それはとらぬ狸の皮算用だったのですが、
最終的にお金は220ドルになり、160ドルぐらい儲けて終わりました。
”お金が増えただけでも良かったわよ~”なんて酔っ払いながら母親は言ってましたが、
それよりも何よりも母親の博打運の強さに驚いた僕がそこに居ました。 恐るべし!

その後はホテルに建っている展望台に行き、ラスベガスの夜景を堪能した僕らはいい気分で部屋に帰る。。。はずでした。
最後の最後に母親らしからぬ失敗をしてしまったのです。
展望台でパシャパシャ写真を撮っていたらいつの間にかカメラケースを落としてしまい、
それが探しても探しても出てこない。
顔を真っ赤にした母親は必死で探している(酔っ払ってるからね)
広くない展望台を何回も行き来しても出てこない。
係りの人に聞いても出てこない。
ゴミ箱を覘いても出てこない。

このミスに母親は結構ショックを受けてました。
僕の中では”そこまでショックを受けなくてもいいのに。。”と思ってたのですが、
少しばかり後味の悪い夜となってしまいました。

まあでも160ドル儲けたことを考えたら安い安い!
(優しい母はその現金を丸ごと僕にくれたのですが。。。泣)


さあ明日は帰国日。この旅ももう終わりです。
[PR]
by takuearth | 2004-12-25 16:10 | ん~旅行に限る
Christmas Eve at Grandcanyon N.P
今日はグランドキャニオンでの朝日を見ようということで早起きの二人。
観光書には”日の出と夕暮れの時のみ本当のグランドキャニオンは姿を見せるのである。写真家はこの時間帯以外の写真は無駄だと言うほど”とまで書いてある。
ならばそれを見ないわけにはいかない!!

日の出よりも前に起きたつもりが既に外は明るい! なぜ??
!!!ここはラスベガスと1時間時差がある!!!
気づいたときは既に遅し。。。
だが”まあまだ景色は綺麗でしょ”と楽観主義の僕らはゆっくり朝食を食べて出かけたのでした。(笑)

グランドキャニオンを少し見たあと僕らは車を走らせ今日のメイン”モニュメントバレー”へ。
車で片道3時間。
車の中ではずっと会話があるわけではないのですが、
ねた切れになったとき必ず出てくるのが今をときめく”ヨン様”ねた。
そう、僕の母親は彼の信者の1人です。。。(苦笑)
彼の別のドラマの話だったり、写真集だったりとかなり熱く語られるのですが、あまり興味のない僕。
僕の母親は真面目な性格の人で今までにそのような”熱く”なったことはないのですが、
そんな人たちばかりをひきつける”ヨン様”。 全く僕には不思議で仕方がない。
面白いことにグランドキャニオンでたまたますれ違った日本人カップルも”ヨン様がさ~”
なんて会話をしているくらいなのです。これにはたまげた。。(笑)
グランドキャニオンに来てまでそんな話かい!!

更に初日のシカゴでヨン様が一面に載った日本の新聞をそっと持ち帰った母親の姿にも驚きました。
おいおい、日本にそんなもの沢山あるでしょ。。。。アメリカのお土産にしてしまう母親が凄い。

とまあそんな感じで3時間のドライブもあっという間。冬のモニュメントバレーに到着。
ここはもう風が強くて寒い寒い。2回目の僕は横着して車から全く出ない。
一方母親は外に出て写真を撮ってます。
今回デジカメを持ってきたので以前のようにフィルムは必要なく、また気に入らない物は消去できる。
技術革命は素晴らしいモンです。以前は母親のカメラのフィルムが切れて”シャ~~”
という巻き戻す音が鳴るたびに僕は少し嫌な気分をしてたのですが今回はそれがない。
連れ添いに対してもやさしいデジカメです。(苦笑)

この日、ちょっと面白いことが。
モニュメントバレーがある地域は”インディアン”の居住区。
帰りに段ボール(母親が沢山買い込んだお土産を入れてもって帰るため)を手に入れようをそこのスーパーに立ち寄ったときのこと。
見事にお客のほとんどがインディアン。少し白人がいる。勿論アジア人は僕らだけ。
物珍しそうに僕らを見る皆さん。またその珍しい環境に驚く僕等。
僕なんて彼らが普通の洋服を着ていることに驚いてしまったし、更にはレジで働いていることや、お金を普通に扱う姿に驚いてしまった。(笑)
これってかなり差別的な考えかもしれないけど。。。
そんなことを親に言ったら”それってアメリカ人が日本人のことを今だに刀もってちょんまげしてると思ってるのと同じ考えだわよ”なんていわれてしまいました。(笑)
確かにそのとおり。。。

というわけで、皆さんインディアンは普通の生活してます!!

さて、夕方過ぎにホテルに帰ってきた僕らはグランドキャニオンにて夕食。
この日実はクリスマスイブなのですが、そんな雰囲気はここには余りない。。。
クリスマスツリーがあるくらいかな?
それでもレストランにはお客さんが結構いたし、意外なことに家族で来てる人が多い。
やはりアメリカでのクリスマスは”家族で過ごす”という意義が強いのでしょう。

後日一人ぼっちでクリスマスをアメリカで過ごした友達が言ってました。
”独りでいるのは寂しいけど、”恋人達のクリスマスが存在する日本”でないだけまだましだわ”と。

まさにそのとおり!!(笑)

まあ僕は母親との初めての二人のクリスマスを過ごしましたが。。。。
”家族で過ごす”というのは結構良いものだと感じた夜でした。
[PR]
by takuearth | 2004-12-24 16:20 | ん~旅行に限る
San Francisco~Las Vegas~Grand Canyon N.P.
今日はこの旅行の中でも一番の移動日になるかな。

サンフランシスコから飛行機でラスベガスまで行き、そこからレンタカーでグランドキャニオンまで。

朝は5時前にホテルを出発。この日の予定は少し無謀だったかもしれない。

当初予定していた飛行機会社はユナイテッド航空。しかし後にアメリカン航空のチケットが安いことが判明し、全てのチケットをアメリカンに変えたのです。
しかし、そこには一つの難点が。それが今朝の行動。
本来ユナイテッド航空だったらラスベガス行きの飛行機はサンフラン空港から飛び立つ予定だった。
しかしアメリカン航空はサンフランではなくそこから30分離れたサンホゼ空港から飛び立つ。
更にレンタカーはサンフランの空港に返さなくてはならない。
(格安のレンタカーだったので借りた場所と返す場所が同じでなくてはならなかった。)

時間がかかるのは分かっていたけど、それでも航空券の値段の差が5万円ぐらいあったので面倒でもこちらの予定に切り替えるしかなかった。

よって僕らはこういう行動を取りました。
朝4時   起床
4時45分 ホテルを出る。(昨日の友達が車で来てくれる。)
5時10分 レンタカーに乗りサンフラン空港に到着。レンタカーを返す。
5時30分 一緒に来た友達の車に乗りサンホゼの空港へ。
6時10分 サンホゼ空港に到着。
6時20分 チェックインを済ます。
7時40分 ラスベガスに向けて離陸。

という感じです。
この無謀な行動を助けてくれたT君とAさんに本当に感謝です。

サンホゼ空港はクリスマス前ということで凄い人の群れ。
早めに着いてよかったのですが、母親のチケットがなかなか取れない。
出発カウンターで待ち、乗客が全員乗り終わった頃、やっと母親のチケットが手に入る。
二人とも飛行機に乗れないのかとひやひやモンでした。
しかし、待ったかいあって母親はファーストクラスに座ることに。
おいおい、僕はどうなる。。。庶民扱いということでエコノミ~へ。(笑)

昨夜は余り寝てない僕は飛行機に乗っていつものごとく離陸前に就寝。
そして離陸後に起床。(笑) もう達人並みです。

レンタカーを借りた後、お昼を食べようとタイレストランへ。
このレストラン”ベスト タイ レストラン イン ラスベガス”に5年連続で選ばれたと書いてありましたが、”おいおい、嘘つくな、まずいぞ” というレストランでした。
多分この街にタイレストランは他にないのでしょう。(苦笑)

美味しいものを口にしないと我が母はあまり気分が乗らない。
まあ昨夜の寝不足もあったのだろうけど。。。

その後は僕がどうしてもアウトレットストアに行きたいと願い出て1人で買い物に行ってました。(笑)
その時母親は車の中でしばしの睡眠。。。。。。。
昨日母親が沢山の物をサンフランで購入し、僕は全く収穫がなかったのでうっぷんが溜まってたのです。 でもこれで何とか気分は解消!

ということでいざラスベガスへ!

当初、ラスベガスについてからすぐにグランドキャニオンに行く予定だったのですが、色々回り道をしていた為に予定が大幅に遅れてしまいました。(まあ僕のせいですが。。。)

荒野の中を二人を乗せた車が快走する!!
しばらく走ると運転手がリタイア!!(僕のことです。笑)
第二走者、母がハンドルを握る。 快適な乗り心地。しばらくの睡眠。。。
そんなこんなでグランドキャニオン付近に着いたのは確か6時頃。
グランドキャニオンに行っても余りレストランがないということで”フラッグスタッフ”という街で夕食を。

中華料理屋を探すけどもあまりよさそうなところがない。。。
店を覗いては人気がないのを察知して他の料理屋を探す。そうこうしてても一軒しか見つからない。
日本料理屋があるけど、高いお金を払ってもいい食事が望めない。
仕方ないから人気のない中華料理屋にするか!

そうして入った中華のバイキングは僕が今まで食べた最悪の中華料理となってしまったのである。。(泣)

二人は無言のまま店をでて、グランドキャニオンへと向かう。道は真っ暗。平原が続く。
途中”鹿に注意!”の看板を見るが、こんな冬に鹿は出てこないだろ、高をくくってスピード出す僕。
しかしそんな時悪夢の光が! 途中道路脇の鹿と目が合ってしまった!! ”うっそ~!!”
突然僕はスピードを落としかなり慎重な運転に変わる。。(びびりです。。。)
しばらくすると30m先を鹿が横断。。。。。。。!!
”おいおい、冬なんだから大人しく冬眠してなさい。。。”そう独り言を言う僕は更にスピードを落とす。(苦笑)

この悪夢の運転が1時間ほど続いた後、やっとこさ天国の地グランドキャニオンに着いたのです。

前回母親とカナダを旅行したときも鹿を引きそうになった僕等。運がいいんだか悪いんだか。
全く、鹿、さまさまです。
[PR]
by takuearth | 2004-12-23 08:35 | ん~旅行に限る
San Francisco~Napa Valley~
昨夜再びサンフランシスコに戻ってきた僕らは観光名所”フィッシャーマンズ ワーフ”の近くに滞在。

よってそこの名物品と言えば”クラムチャウダ~”僕の大好物です。
朝からフィッシャーマンズ ワーフに行ってクラムチャウダーを堪能。
残念ながらあまり美味しくなかった。。。せっかく高いお金払ったのに。。。

気を取り直して、今日はサンフランの北に位置する”ナパ”へ。
ここはワインの産地として有名なところ。僕も行ったことがなかったのでちょっとエキサイト。
今までは全て自分が行ったことのあるところだったので新鮮味がなかったけど、今回は違う。自分も楽しむ番です。

サンフランからは車で一時間弱。のどかな田園風景の中にブドウ畑が現れる。
一言で言えば良い意味での”田舎風景”なんだろうけど、それは同時に芸術家が好む場所。
例えば家が鮮やかな色を使った家だったり、街中には洒落たレストランなんかがあって所々に他とは違う何か”和んだ”雰囲気をかもし出してるそんな落ち着く街。
お金持ちのご老人達が退職した後この地に移り住みたがるくらい人気のあるところでもある。
そんな人達はことさら街に”落ち着き”と”ゆっくりとした時間感覚”をもたらしてるのかも。

とまあ僕の感想文はここまでにして、僕と母親は早速ワイナリーへ。
時間があまりなかった僕らは一つのワイナリーしか行かなかったんだけど、一箇所で十分でした。
というのも、母親が早々にワインの試飲で顔を真っ赤にしてたし、車は酒臭いし(笑)

”ワインはやっぱり赤よ”という母は、幾つものワインを試飲した後2本のワインを購入。
そこのソムリエと話をしながら試飲をした母の舌はソムリエに”Aプラス”と言われる程完成されたものだった!
なんて大袈裟に書いてしまいましたが、ソムリエから褒められて酔った母親は更に調子を良くしてしまいました。(笑)

その後、日本人が経営するレストラン”Terra”へ行ったのですが残念ながらそのときはまだ”休憩中”。
代わりに他のイタリアレストランで食事を済ますことに。
そのTerraと言うレストランは以前日本の番組で取り上げられてて、その時影響された僕はナパに来たときは是非行きたいと思ってたんだけど。。。残念でした。。

夜はサンフランに住む友達と再会。
その間母親はホテルに残して。。。(謝)
その友達はこの夏に僕と同じ大学を卒業してサンフランで看護士として働いている。
僕のゴルフの弟子でもあり、かなり仲の良かった奴だったのでこの再会はとても嬉しかった。
といっても4ヶ月ぶりぐらいだったんだけど、なんか友達との再会っていつでも嬉しいよね。
くだらないこと話して、以前とは全く変わらない状態で。でも違う場所で。幸せを感じる一瞬でした。



これでサンフランともしばらくお別れ。

やはり就職は是非サンフランで、と強く思った夜でした。。
[PR]
by takuearth | 2004-12-22 07:43 | ん~旅行に限る
Yosemite国立公園二日目~曰くの案内本~
この日はヨセミテを午前中見てサンフランシスコに帰る予定。

ホテルからヨセミテの中心部へと行く道の途中、”マリポーサ グローブ”と言われる巨大樹の場所がある。

今日はそこでの話を。

話の続きは下の”More”をクリック!

More
[PR]
by takuearth | 2004-12-21 07:09 | ん~旅行に限る
いざYosemite国立公園へ。
Yosemite国立公園。 僕が一番好きな国立公園。いや、一番好きな場所。はっきり言ってここに住みたい。

ここまで言うと”なんで?”って言われるかもね。なんとも表現できない。。。

1.とても奥まった所にあるので”秘境”という感じがする。
2.下から見上げる景色の壮大さ。
3.なんといっても巨匠写真家”アンセルアダムス”がこよなく愛した場所
4.サンフランシスコの近く(サンフラン大好き人間なので。。。)

この4つが理由かな?3番の影響が大きいけど。

まあということで今日はヨセミテへ。
[PR]
by takuearth | 2004-12-20 03:11 | ん~旅行に限る
Day 1st ~San Francisco~
う~、昨夜は遅くまで呑みすぎて40分ぐらいしか寝てません。 
卒業早々、子供じみたことしてしまいました、Takuです。

今日は6時45分の飛行機に乗るために友達に早朝4時45分に迎えに来てもらい、
吹雪の中”タ~セル”で高速道路を”爆走!!”
このとき母親は相当恐怖感を味わっていたらしい。。。(実は僕もちょっと。)

いやいや、やぎさん親子ともども感謝しています。

話は戻って、IndyからSanFranciscoまで乗り換え含めて8時間。
言うまでもなく飛行機の中では寝てました。
寝る気満々なのに小説を座席に持ち込む僕。 読む振りだけです。(苦笑)

時差の関係でサンフランに着いたのは11時半。レンタカ~を借りてまず向かうはレストラン。
腹が減っては戦が出来ず。 
サンフランの対岸、オークランドのチャイナタウンに行って小さい食堂でお昼を食べることに。
ここチャイナタウンは沢山のレストランがあるのでお店選びに困る。
”ここにしようか”と僕が言えば母親は”お客が少なすぎる”と。
確かに客がたくさん居たほうが美味しそうだな。
そんな感じで選んだ店は。。。。ん~イマイチ?
最後に母親は”杏仁豆腐”が食べたいなんて言い出し始める。
ここアメリカではまず杏仁豆腐はないと思われます。
それなのにこの先の旅で中華料理屋に行けば”杏仁豆腐”と唱え始める母親。
最後のほうは僕も笑ってしまいました。

さて、昨夜お互いにほとんど寝てない僕らはこの後サンフラン名物”ゴールデンゲートブリッジ”を見た後、早々にホテルに行き体力を回復させることに。

昼寝を軽くした後、僕がした事とは。。。。そう、早速Workout!(ジムで運動すること)
ホテルのジムでランニングマシーンを使って重い体をドサドサと走らせる。。。。
久しぶりの運動。そりゃあすぐに息が上がり、すぐに止めたくなるわな~。
でも痩せた自分をイメ~ジしつつ。。。。もう少し。。。。ってな感じで頑張りましたよ。
新しいシュ~ズを履いて。

一汗かいた後はもうぐっすり睡眠。やっぱり運動すると血が良く流れてる気がするね~。
[PR]
by takuearth | 2004-12-19 01:11 | ん~旅行に限る



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth