<   2004年 07月 ( 14 )   > この月の画像一覧
"world-famous" San Diego Zoo
 San Diegoで一番有名なものといったらなにか?それは動物園もしくはアメリカ軍の基地。今回のタイトルが示すとおり、San Diegoの動物園はどうやら世界的にも有名らしい。どれどれ、そこまで言うならこの目で確かめてみようじゃないか。っということで昨日の夜行って見ました。

  この夏の間はNight Zooと言って夜の動物園がやってるのです。実際動物園に行くなんて何十年ぶり?といった感じですが全く”興奮”の2文字に値するものは持たない状態でまさにそこら辺の”公園”に行く感じ彼女の誘いにより行くことに。

  そんな気持ちで言ったもんだから入り口で”入場券21ドル”を見たときに”たかっ!”っと思ってしまったのですが(アメリカでは全ての物価が安いとまだ信じてる僕ですが。)ここまで来て引き下がるわけには行かない。こうなったら一匹残さず見てやろうじゃないの。でもその時、彼女に”沢山の動物に餌をあげなきゃいけないんだからこれぐらい当たり前でしょ。”っと言われ瞬時に納得してしまった僕もいたのですが。

  入ってみると雰囲気は僕の知っている動物園とはちょっと違う。なにやら遊園地みたいな雰囲気。”レンジャー”みたいな格好をしたお兄さん、お姉さん達がいていろいろ案内してくれる。また広大な土地の為(それでもDownTownのすぐ近くにあるんだけどね。)二階建てバスまで走ってる。7時ごろだった為、辺りも薄暗くなっているけど、園内は色々な光で照らされていて”夜はこれからだぜ~”って気分にさせてくれる。(ちょっと違うのりかな?)
 
  園内の地図を見て2,3時間で回ることを断念し(本当に広い!)、お目当てのパンダを真っ先に見に行くことに。彼女曰くパンダはその動物園がどれだけ大きいか示してるらしい。パンダがいればその動物園は大きく、いなければたいしたことがないらしい。確かにそうかもね。パンダのあの愛らしい顔はみんなの”ぬいぐるみ”といった感じだもんね。それにとても敏感だから飼育していくのは大変だろうし。急いでいくとそこには行列が。一目でパンダがここの一番人気というのがわかるし、その時日本での”上野動物園のパンダに長蛇の列が出来てる映像”とダブってしまった。
  
  久々にみたパンダはとてもかわいかった。でもびっくりしたのは普通にフラッシュをたいて撮影していいこと。大丈夫か?と思いながらパシャパシャ撮ってたのは僕なんだけど、一年前に生まれた赤ちゃんパンダもいてなんとも言えない可愛さだったよ。何でかしらないけど、パンダって常に動き回ってるものなのか?僕がいたときは一周20Mぐらいをぐるぐる回ってたけど。その真ん中の木の上では赤ちゃんパンダが寝てるし。本当に持って帰りたいぐらい可愛かった。まあちゃんとそこら辺の人間の心理を突いてるのかわからないけど、隣にはパンダ専用のお土産やがあって沢山のパンダ人形がありました。”パンダをもって帰りたい人はこちらをどうぞ”といわんばかりに。。。(次回に続く。)
[PR]
by takuearth | 2004-07-30 04:14 | ん~旅行に限る
実は僕いまSan Diegoにいます。
  夏休みということでいまSan Diegoに再び来てます。短い間ですが。 今回彼女を驚かすべく、内緒で航空券をとって、飛行場からバスと電車を乗り継いで一人で彼女のアパートへ。

  最近”サプライズ”(驚かすこと。僕が彼女に対してね。)が少ないよねー。以前は沢山あったのに。と彼女に愚痴をこぼされてたのでここはいっちょ心臓が飛び出るくらい驚かしてやるかと決意して独り静かに飛行機に乗ったのです。でもその代償はでかい。。。突然の計画で航空券を買うお金も無かったので(出発4週間前を切ると航空券の値段がどんどん高くなっていくシステムなんだよね。)5年間ためてきたユナイテッドエアーラインのマイレージを今回の航空券の為に一気に使ってしまいました。。。泣。ビジネスシートで日本に帰るのが夢だったのに。。。またしばらく溜めないと駄目みたいです。

  と、余談はここまでにして、彼女の家に着いたのは昼の3時頃。当初の予定ではそこから彼女の車を借りて(仕事場まで歩いて10分なので普段車は使ってないのです。)日本のスーパーに行き、買い物をして夕食を作って待っていようかとおもったのです。しかし、その予定はすぐに崩れ去ることに。なんと車がない。。。彼女は歩いて10分のところへ車で行ったのです。(10分と言っても丘を登っていかないといけないのですが。) 仕方がないので、TVを見ながらどうやって彼女を驚かすか考えることに。

  彼女は5時に帰ってくるのでベランダに出て車がやって来るのを確認し、そこから新たな計画はスタート。玄関先の物置にまずは隠れることに。その前に僕の靴、かばん等を全て隠し、でもひとつヒントを与えるということで茶碗を洗っておいたのです。ここの細かい点まで気づくかはわかりませんが。。

  物置の隙間から彼女の行動を少し観察。このときかなり自分が怪しい人間になってることに気づく。はっきり言ってこれが彼女じゃなかったら僕はストーカーになってます。しかも犯罪に限りなく近い。。。ちょっといけない領域に足を踏み入れて気がして。。。でも彼女の行動を観察してるとかなり面白い。たまに独り言を言ったりと。いつ飛び出して驚かそうと考えてると彼女はベランダに出て勉強を始めました。部屋に背を向けるように。そこで、僕はそ~っと物置から出てまさに彼女の背後に立ってたのです。これ本当に火曜サスペンスに出てきそうなシチュエーションです。凶器は登場してきませんが。。。。僕は彼女が携帯をそばに置いてることを確認してそっと彼女の携帯に電話を。 

僕:”もしもし”(ささやき)
彼女:”あれ?今図書館?”
僕:”いや、なほこのアパート”(ささやき、そっとベランダに近づく)
彼女:”いないじゃーん。”(後ろを確認もせず。)
僕:”今どこにいるの?”(ささやき)
彼女:”ベランダで勉強中ー。”
僕:”そんなんだー。今なほこの真後ろにいるんだけどねー。”(まだささやきだけど本当に真後ろに移動。)
。。。。。。。。
。。。。。。。。
彼女:。。。。。。。キャー!!!!
僕:彼女の口をおさえる!!。。。(うるさすぎたからね。)
彼女:”なんで?なんで!なんで!!!!!”

っとドッキリ大作戦は無事に”大成功~!!”
そこから色々経緯を話して、また茶碗のことを指摘したんだけど彼女は全く気づいてませんでした。でも一つ、ベランダの椅子の位置がいつもと少し違ったのが気になっていたとか。それにしても彼女の叫び声は危うく警察がきそうな位でした。これでしばらくは”最近全然サプライズがないよね~”なんて言わないでしょう。
[PR]
by takuearth | 2004-07-28 07:33 | ん~旅行に限る
やったねアームストロング!
  前回お話したツールドフランスで見事アームストロングが優勝し誰も築けなかった6連覇を達成!本日の新聞の一面は勿論アームストロング。昨日のニュースでは過去6連覇以上した人達(全てのスポーツにおいて)の特集などを取り上げてこれだけ彼は凄いということをやってました。それにしてもよかったね~。昨日最後のレースでは両手で”6”の文字を作ったり、チームの人達と横に並んで走ったり、仕舞いには自転車こぎながらシャンパンを飲んでました。(おいおい、それって飲酒運転。) 

  今回結局彼はぶっちぎりで優勝してしまったわけですが(最終的にはね)、さて来年も彼は出るのでしょうか? それとひとつの問題が。前回話した”黄色いバンド”の価値が一気になくなってしまった感じがして、今日の朝腕につけていこうか、いかまいか迷いました。だってこれって彼を応援するものでもあったわけだから優勝して大会が終わってしまうとなんだかこれをつけてることが恥ずかしく感じられてしまって。。。。これは僕だけでしょうか?そのうちゴミ箱行きになってしまいそうです。。。
[PR]
by takuearth | 2004-07-27 02:25 | 熱く語れ!~ゴルフ~
ツールドフランス
a0033717_6543469.gif  今アメリカでは毎日のようにツールドフランスのニュースをやってます。というのも、5年連続優勝のランス アームストロングが前人未到の6連覇をかけて今走っているからです。一昨日ぐらいにやっとトップに立ったアームストロングは新聞の一面に取り上げられてます。もうこうなったらアメリカ人はおおはしゃぎ。まあどこの国の人達でもそうなるだろうけど。”このままぶっちぎれ~!”といった感じです。

  かなり有名な話ですが、アームストロングは以前癌にかかり、手術によってその一命をとりとめ、そこから復活しての5連覇。そりゃあ誰から見たって”ヒーロー”そのもの。でも今その快進撃に疑問が投げつけられてます。それはドーピング。最近の陸上でのドーピングもそうだけど、この自転車界にもその疑いは広まってきてて、今の時点では”おいおい、それだけ証拠があればやってるってことだろ”っていうくらい”黒”なのに本人はその使用を否定。アームストロングだけでなく、ほとんどの人達がやっている疑惑があるのです。その証拠として、近年の自転車アスリートは若くしてなくなっている人達が結構いる。これはやはりドーピングから来るもの?? 今フランスでそのドーピングを暴露した本が大売れ行きという話で、その中に幾つもの証拠があるらしいし。

  まあこういう歴史が塗り替えられようとしてる時に、こんなスキャンダルを持ち込んで雰囲気を壊したがる人達がいることが悲しいけど、でも僕にとってはドーピングがあろうとなかろうと彼に6連覇してもらいたいと願ってます。そう思う人達は沢山いて、今アメリカでひとつのブームが。(これはアメリカ中部だけかもしれませんが。。。)

  それは黄色いゴム製のリストバンドが流行に流行ってどこも売り切れ状態。そのバンドカラーは勿論”イエロージャケット(ツールドフランスでトップの人だけが着れるもの)”から来ていて、そこには”LIVESTRONG"アームストロングの名前と彼が癌から復活したことを込める意味でこの文字が刻まれている。これをつけることによって”俺はランスを応援してるし、俺も頑張るよ!”みたいな気持ちになるのでしょう。ちなみに松井稼頭央もしてるらしい。たった一ドルで売ってて、この売上金は全て寄付されるとの事。

  勿論流行りにすぐ乗る僕もちゃんとしてます。丁度日本に一時帰国する友達はこれを大量に買って帰り、渋谷で的屋のごとく500円ぐらいで売りさばいて儲けてくると言ってました。(笑)
[PR]
by takuearth | 2004-07-23 06:56 | 熱く語れ!~ゴルフ~
おまけ。。
  今、たった今悔しい思いを。。しました。。。先日友達から蚊の話を聞いたんだけど、それは例えば腕に蚊が止まって刺したときに腕の力を入れると蚊は自分の針を抜くことが出来なくなり、また蚊は刺してる間、血を吸う事しか出来ないから最終的に蚊は破裂してしまうという話を聞いたんだよね。 で、たった今丁度蚊が近くに来たからあえてこちらから腕を差し出して刺してもらったんだけど(こんなことするの初めてだけど。。。笑)逃げられてしまいました。。。。実際は蚊は針を刺して、その瞬間に腕に力を入れて、確かに蚊はもがいてました。足で必死に腕から離れようとしてたし、息を吹きかけても奴は動けなかったし。1分ぐらい経つと蚊が明らかに大きく腫れ上がってきてあと少し~っとおもったら突然何もなかったかのように”プーん”と飛んでいってしまいました。 なんだそりゃ~。さされぞんじゃ~ん。

朝靄の中でのひとこまでした。
[PR]
by takuearth | 2004-07-20 21:49 | American life
そろそろうずき出してきた。。。
  今日は夜10時ごろにスタバにいってレジの前で迷った挙句、”俺にはカフェインがあろうとなかろうと寝れるはず”と思い”アイスアメリカーノ”(エスプレッソの水割り=カフェインの強さ花丸)を飲んだら、やはりそれは無謀な行動だったらしく、今5時前にしてまだ寝れません。よって本日二つ目の日記~。

  ちょっと自慢を先に。夏ということで外は気持ちよく、また今お酒が入ってるため心も気持ちよいのでコンピューターとビールをベランダに持ってきて椅子に座りながら今この日記を書いてます。ちょっとカッコイイと思わない?この描写。でも近所の人達からすればこんな朝早くにあいつはなにをやってるんだ?って思われてるかもしれないけど。。。。しかもしかも、Internetは他の家のワイアレスを盗みながらやってます。ほらベランダに出たほうが電波のキャッチがいいし。あれっこれってもしかして犯罪になっちゃう?!まあ勘弁勘弁。

  ところで週末のBritish Open。全く興醒めだよね。アーニーエルスを師匠と勝手に仰いでる僕にとっては最後のPlay-offはちょっとつまらなかった。Play-offの一番であのバーデーぱっとを入れなかった時点でやばいかと思ったけど。。やっぱりアーニーはNo.2の王様なのか?世界ランキングも、そしてメジャー大会でも。。。今年のマスターズの時はどうしようもなかったけど(フィルミケのほうが一枚上手だった)、今回もそういうことなのかな?だって10番でダブルボギーを叩いた時はもう終わったと思ったもん。こっちは朝だったからその時もう終わったと思ってベットで寝てしまったんだけど、その数分後、TVの歓声で起きたときはアーニーがトップと1打差に詰め寄ってたからね。相当驚いた。だって今回のコースの後半はパーで上がるのが精一杯と皆言ってたからその中で追い上げたのは凄かった。だから僕の中ではアーニーは十分やったと思うんだけどね~。まあPlay-offは別の話だけど。  でも下手したら今年中にアーニーが世界ナンバー1になるかもよ。タイガーは調子悪いし。素人目から見て、今回タイガーは低いショットを打とうとするあまり、ダウンスイングの時に身体が幾分沈む癖が出てたね。これが本当に悪い癖なのかわからないけど、いつものスイングとはちょっと違ったね。 それでも3日目のタイガーは驚いた。特に前半。このときのタイガーは昔のようだったもん。”あっこれはずすな”っと思ったパットをポコポコ入れたし、一気にリーダーボードに駆け上がってきたからね。まさにみんなが昔恐れてたタイガーだったけど、後半に入ってやっぱり”今のタイガー”に戻ってしまった。。今でも十分強い選手だけど、復活はするのかな?! 元コーチのブッチハ―モンのところに戻ったほうがいいと僕は思うけど。。。
  
  最近ゴルフに対しての情熱が冷めてたんだけど、やはりこういう白熱した試合を見るとどうしてもやりたくなってくる。。。でもね~。なかなか難しい。4年前から本格的にやりだして毎年数字に顕著に表れるように上達してきたけど、今は大きな壁に当たってる気がするから。シングルもしくはアンダーの世界があまり見えてこない。70台は何回か出してるけど、安定して出ない。どうすればいいのかがはっきり見えてこないんだよね。多分全般的にレベルを上げなきゃいけないのかも。ドライバーやアイアンの精度、パットとショートゲームの向上。そしてゲーム戦略。そう、ゴルフは相当奥が深いのです。80台の壁にぶつかったときはとにかくチッピングの練習をしてその壁を壊すことは出来たけど、今回はなんでしょ?まあパターは以前からの問題ですが。

  こうやって考えてると、本腰を入れてやらないと夢のシングル&アンダーパーの世界は見えてこない気がします。8月の終わりに町の大会があるのでそれに出ようか今迷ってるけど、ん~とりあえず頑張ってみます。

  なんだか、この日記を読み返すと、僕のゴルフが趣味の域を超えようとしてるようで自分で自分の”ゴルフ馬鹿”っぷりにあきれてます。でも果たして僕はどこに向かおうとしてるのか?

  さてそろそろ空が明るくなろうとしてます。ただいま5時半。さすがにそろそろ寝なくては。
身体の中でビールとコーヒーが戦ってます。
[PR]
by takuearth | 2004-07-20 21:32 | 熱く語れ!~ゴルフ~
ミーハーな僕は。。。
  実は先日”ヨガ”を初体験してきました。身体の硬さは誰にも負けないくらい酷い僕がヨガに挑戦するのはある意味無謀でもあり、またある意味向上心が溢れてるって事かな?(良く表現しすぎ?) 彼女の同僚から誘われて渋々行った訳なんだけど(向上心は全く溢れてません。笑)実際やってみるとなんとまあ、面白いじゃないのさ。 曜日によって内容が違うのだけど、僕がやったのは。。。。。名前忘れました。。とにかく”おー、今ヨガやってる~”と感じながらやってました。 
  
  先生は男の人だけど、生徒はたった4人(僕入れて)しかも男一人。また他の3人はみんな素敵な女性達。こういう状況って居づらいけどとてもいいよねって少し話がよくない方向に。。。。僕は学生ということで8ドル。約1時間半ぐらいかな?8ドルだったらまた来たくなる値段です。

  ロープや枕、積み木などを使っていろいろ。。。。まあぶっちゃけ”ストレッチ”です。でも途中で”サンスクリット語”を先生と一緒に唱える事があって、他の人達は多分魂込めて唱えてたんだろうけど、何せはじめての僕はそれを唱えながら”オウムの人達もこうやって心を奪われていったのか?そういえば彼らもヨガみたいな動きしてたな?!”と心を清める瞬間を思いっきり汚れた心で立ち向かってしまいました。

  まあ真面目な話、かなり良かったです。はまりそうです。また僕の欠点がはっきりしました。後ろに”反る”動きはそれほど問題は無いけど(他の人達と比べて)前への所謂”前屈
”の動きにかなり問題あり! 先生が”じゃあ足を前に伸ばして(座った状態で)両手で足首を持ち胸を張って~。静か~に胸で深呼吸~。”っていわれてもおいおい、最初の段階の足首に手が。。。手が。。。。と。。届かない。。。更に胸は。。。。張れるわけない。。。し。。。深呼吸ってよりは。。。浅い呼吸。。しか。。。出来。。な。。い。。苦し。。。。い。。。とこんな感じで一人でばたばたしてました。

  最後に先生に”まあ他の二人は10年近くヨガやってるし、もう一人ははじめたばかりだけど、もともと柔かいからね。今日はたまたまみんな出来る人達だったってことだよ。君は平均的だから安心して!”と言われてしまった。本当にいつも思うけど、アメリカ人ってとっさの一言が上手いよね。褒め方が上手い!!

  まあとにかく、本屋でヨガについての本を買おうと思ってた位だから今回はヨガを始める良いきっかけになったかなと思ってます。何事も挑戦することが大事だねって改めて思いました。。。。そういえば高校の時に毎日朝公園でヨガをやってる二人組がいたな~。今考えるとあの人達は相当時代の最先端を行ってたって事? あっそれとも、やはりあの宗教がらみ!!?おっといけねえ、行き過ぎた。
[PR]
by takuearth | 2004-07-20 19:50 | 今だ学生。。。
かにた婦人の村
  このタイトルは千葉の館山に存在する売春婦のための養護施設。 昨夜沢木耕太郎の小説(人の砂漠)を読んでてこの施設のことを知ったんだけど、このような施設が存在してることを気づかされて驚きました。 新聞やTVにあまり現れない裏の社会。良く考えてみればこのような施設があるのは日本では当たり前なのかも。 誤解して欲しくないんだけど、この施設があることは素晴らしいことだと思うし、設立までの苦労も書いてあるのでそれは読んでもらえばわかるけど、日本にはびこってる売春社会というものを考えれば、それによって自分の人生が社会に適合しにくくなってそういう施設でしか後の人生を送れない人達がいて当たり前という意味でなのです。
 
  売春するほうが悪いという考えもあるかもしれないけど、それ以前にその人達の家庭環境や社会が関わってくるので彼女達を責める事は決して出来ないよね。その行為を法によって厳しく取り締まってない国にも問題があるけど、でも逆にこの施設は売春防止法を機会に作られたことも見逃せない。

  話は少しそれてしまうけど、以前授業の中で世界での売春について調べたことがあります。これは勿論日本だけに止まらず、受け入れ側としてアメリカやオランダ、アジアの国々と流れ出てくる側としてロシアなどの東欧の国々、南米やアフリカも関わってるのです。

  歴史を見ればこのような行為は昔からあるし、すぐに撲滅という訳には行かないけど、こういう事が世界で起きていてまた身近にあるということを皆に知って欲しくて今回書きました。 自分の世界だけでなく裏の世界を知ることで自分の中でなにか新しいものが生まれるかもしれないという願いも込めて。

  かにた婦人の村はどうやら一般の人も訪れることが出来るらしく、また衣類や使用済みの切手を受け入れてるので興味のある人は連絡してみてください。

社会福祉法人 かにた婦人の村
〒294-0031 
千葉県館山市大賀594
電話 0470-22-2280
[PR]
by takuearth | 2004-07-15 16:20 | たまにはテニスも
Jewel
  カラオケの次の日の日曜日に実はコンサートに行ってきました。土曜日にIndyに行ったときにたまたま地元の新聞にJewelが明日来ると書いてあり、それに心を動かされてしまいました。
  
  前日は夜中の4時に帰ってきたにも関わらず、次の日は朝10時に起きて再びIndyへ。Internetでチケットを取ろうとしたんだけど、すでに当日だったため取れず駄目もとでコンサート会場へ。そうしたら結構空いてて簡単にチケットが取れてしまいました。アメリカはコンサート代は結構安く、今回は35ドルなり。でもしばらく外食禁止です。
  
  Jewelのことは前の日記でも書いたかな?丁度一年前にJewelのコンサートに行ったんだけど、バンドなしで一人だけギター片手に歌う形式がとてもかっこよく、また歌の上手さがもろに出てしまうので、他ではあまり見れない。またCDで聞くよりも生で聞いたほうがJewelは味がでて、なんか上手な表現が出来ないけど、本当の彼女の上手さはコンサートによってわかる気がします。
 
  途中、ギターの接続が悪くなる事態が発生したんだけど、そのマイナスをプラスに変えるかのように、声だけの歌で皆を感動させ、歌い終わった後には自然と皆立って拍手喝采。声だけが身体に響くことって本当になくて、またそれが彼女の上手さを引き立たせて、鳥肌が立つほど僕も感動しました。やはりわざわざ来て良かった。そう思わせるコンサートでした。

  Jewelが日本に来るときはこの形式でやらないだろうけど、今度来た時は是非足を運んでみては? と、Jewel広報部からでした。

  
[PR]
by takuearth | 2004-07-14 17:05 | American life
カラオケ大会
  大会というよりパーティーですが、先日話をしたようにわざわざ1時間車を走らせて計4台でカラオケをしに行ってきました。夜9時から夜中2時まで5時間。皆狂ったように歌って踊ってもう凄かった凄かった。年齢層は上が29歳、下は18歳と11歳の年齢差も関係なくみんなカラオケで一致団結してました。
  
  僕も最初はちょっと引き気味で参加してたのですが、思い出してみれば高校以来のドンチャン騒ぎで身体の中の血が覚醒し、途中からは大汗掻きながら踊ってました。いやー、もうこんなことはないんだろうと思ってたんだけど。。。友達の一人はずっとビデオを撮ってたのですが、多分後で見直したら愚かな自分の姿に呆れる事間違いなしです。
[PR]
by takuearth | 2004-07-14 16:39 | 今だ学生。。。



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30