カテゴリ:たまにはテニスも( 14 )
宇多田アメリカデビュー!!
a0033717_1314298.jpg
とうとう見つけました!
宇多田ヒカルアメリカデビューアルバム。 
日本の感覚でR&Bの部門で探してたら見つからなくて、
なんとこのアルバム”ダンス”のジャンルに属するのです。

さて最初の印象から。”うえ~”って感じです(笑)
この表紙に驚かされた。思いっきり”アジアン”色を出してるところに。
以前の二つのアルバムの方が表紙は良かった気が。。。。。

まあそれは良いとして中身ね。中身。
日本の評論では色々意見が分かれるみたいだけど、
僕は結構好きです。というか、かなり好きです。
特に4曲目の”Workout"と7曲目の”Hotel Lobby"いいね~。
ヘビーローテーションしてます。2,3曲目も良い。
やはりプロデューサーの影響か、以前よりもダンス色が強い。
歌詞も面白いし、ちょっと教養出してしまってるし。(笑)

買う前までは”宇多田はアメリカを支配する”
なんて極端なことを自分の中で勝手に考えてたから、
最初にこのアルバムを聞いたときは少し失望した。
でもそんな支配するなんて事は無理であって、
その考えを捨てれば、純粋にこのアルバムを楽しめる。
ただ、あまり”Easy Breezy"は好きじゃないけど。。。
皆はどうでしょう?

でもこれって日本で売れてるの?
[PR]
by takuearth | 2004-10-14 13:26 | たまにはテニスも
K-martの行方
  今日プリンターのインクを買いに行こうと思ったときに、久しぶりにK-martに行ってみることにしました。  僕の町では大型スーパーが二つあって、一つがそのK-mart,もう一つはWal-Mart.  約一年前ぐらいに以前の日記でWal-Martのことを書いたけど、Wal-Martはアメリカ(いや世界で)最大規模のスーパーである。  その強い販売力に負けたK-martは約一年半前にChapter11(アメリカの連邦破産法)を宣告し、外部の力を借りて新たなスタートを切ったはずだった。。。

  そんなK-martが今どうなってるのか次いでだから見てみるか、ぐらいの軽い気持ちでお店に入ってみると。。。賑わいというものが全くない!!
平日午後9時とは言え、Wal-martなら沢山のお客がいて駐車場にもそれなりの数の車が止まっている。  だが、問題のK-martは”お店やってるのか?”というぐらい車が少ない。イコール、客が少ない。 ちなみに数えてみたけど、車は20台ぐらいしか止まっていなく、また客と思われる車は4台ぐらい(店の入り口の近くに止めてあった為)。 大袈裟ではないが、明らかに店員の方が多かった。  もう一大スーパーマーケットとは言えない位の人気のなさである。  

  帰ってきて心配になった僕はInternetでK-martの現在を調べてみたけど、驚くことに”黒字”に転換してる。  その理由はどうやら多くの店を閉鎖したこと、社員数を削減したことと、宣伝費を下げたことによるらしい。 また、閉鎖したお店を売ることにより(Home Depot & Searsに)一時的な利益を得ている。(新聞からの情報)  数字を見れば黒字だけど、実際のお店の売り上げは落ち込んでいるのは明らかだと思う。  やはり破産宣告をしたことによってお客が完全にWal-martもしくは他の店に流れ込み、そのお客を呼び戻すほどの行動をまだ取ってないのが実情。 宣伝費を削減して、また多くの社員を首にしただけでも来客数は減るのは当たり前である。

  また、Wal-martとの対決で一番差を付けられてしまった物流関係の情報処理システムがまだ発達してないらしい。 Wal-martはこの情報処理システムをうまく使い、限られたスペースの中で多くの種類の商品を置くことに成功。  売り上げ、在庫等の情報を全てコンピューター化して売り上げの流れを予測して、必要な数だけの商品を瞬時に取り寄せるシステムを作ったのである。 一つの商品の在庫を減らすことによって多くの商品が置ける、という仕組みになっている。  これによって、お客のニーズに適った商品が常に置かれてる状態になり、自然とお客は”ここに来れば何でもそろう!”という気持ちになってしまうのである!!(お上手!)  またWal-martは安いという概念がお客にはある。

  このシステムを導入するには莫大な資本金が必要で、そのお金が無いという辛い立場にK-martはいるのかもしれない。  またこれだけ大規模なスーパーだから全てのお店にシステムを導入するには時間がかかり過ぎる。  システム導入が失敗すればそれはそれで莫大な損失を得ることになるから、安易に行動できるものでもないという本当にどうしようもない立場に居るのである。  このままどんどん規模を縮小して中規模スーパーとしてまた始めていくのか、また他のスーパーと合併して何かの特色を得て路線を変えていくのか、正念場のK-mart, この敗者復活戦で見事勝ち抜けることを期待している。
[PR]
by takuearth | 2004-09-17 15:53 | たまにはテニスも
かにた婦人の村
  このタイトルは千葉の館山に存在する売春婦のための養護施設。 昨夜沢木耕太郎の小説(人の砂漠)を読んでてこの施設のことを知ったんだけど、このような施設が存在してることを気づかされて驚きました。 新聞やTVにあまり現れない裏の社会。良く考えてみればこのような施設があるのは日本では当たり前なのかも。 誤解して欲しくないんだけど、この施設があることは素晴らしいことだと思うし、設立までの苦労も書いてあるのでそれは読んでもらえばわかるけど、日本にはびこってる売春社会というものを考えれば、それによって自分の人生が社会に適合しにくくなってそういう施設でしか後の人生を送れない人達がいて当たり前という意味でなのです。
 
  売春するほうが悪いという考えもあるかもしれないけど、それ以前にその人達の家庭環境や社会が関わってくるので彼女達を責める事は決して出来ないよね。その行為を法によって厳しく取り締まってない国にも問題があるけど、でも逆にこの施設は売春防止法を機会に作られたことも見逃せない。

  話は少しそれてしまうけど、以前授業の中で世界での売春について調べたことがあります。これは勿論日本だけに止まらず、受け入れ側としてアメリカやオランダ、アジアの国々と流れ出てくる側としてロシアなどの東欧の国々、南米やアフリカも関わってるのです。

  歴史を見ればこのような行為は昔からあるし、すぐに撲滅という訳には行かないけど、こういう事が世界で起きていてまた身近にあるということを皆に知って欲しくて今回書きました。 自分の世界だけでなく裏の世界を知ることで自分の中でなにか新しいものが生まれるかもしれないという願いも込めて。

  かにた婦人の村はどうやら一般の人も訪れることが出来るらしく、また衣類や使用済みの切手を受け入れてるので興味のある人は連絡してみてください。

社会福祉法人 かにた婦人の村
〒294-0031 
千葉県館山市大賀594
電話 0470-22-2280
[PR]
by takuearth | 2004-07-15 16:20 | たまにはテニスも
人類のるつぼアメリカ
a0033717_202932.jpg  ふい~。やっとこさ論文が終わったよ。あっという間に朝になってしまい、窓を開けてみるとこんな綺麗な朝焼けが。思わずパシャリと一枚。今回は今までにない長さの論文。もう当分はいいやって感じです。今回のテーマはアメリカの職場における読み書き能力不足に因る事故と損害。
  アメリカは今メキシコ人の流入がすごくて後数年後には全人口の半分を超えると言われてるけど、それに伴いこれらの事故や問題がかなり増えてるらしい。確かにサンディエゴに行った時なんかそこはもうメキシコに占領されたかのような雰囲気で(かなり大袈裟にしたけど。。)明らかにヒスパニックは増えてる感じがしたね。僕の住んでるところはそんなことはないけど。
  まあそんな題材で色々調べてたらアメリカ人自体にも結構読み書き能力が低い人の割合が高いことが発覚。その数字は働いている人たちを対象にして約40%の人達がやや問題あり。これって相当びっくり。この問題の背景には初等教育の問題があるんだけど、中学高校を途中で辞める人達が日本と比べるとこちらはとても多い。その数ははっきりとはわからないけど、家での通信教育なんてのもあるくらい。まあ日本の教育が世界と比べて水準が結構高いから幾分仕方ないかもしれないけど、でも面白いよね。
  なにがって大学院を出た人口を日本と比べると逆にアメリカの方が断然多いんだよね。これまたはっきりとした数字は忘れたけど、理系の数はそこまでではないけど、文系の大学院に関しては確か15倍ぐらい有った気がした。まあ人口が約2倍だら単純にいったら7,8倍ぐらいだけど。それでもすごいよね。これってやはりアメリカの御国柄が出てるのかな?”弱肉強食”と”貧富の差”。 こういう国に皆は来てみたい?
[PR]
by takuearth | 2004-07-06 20:30 | たまにはテニスも



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30