カテゴリ:熱く語れ!~ゴルフ~( 44 )
リベンジ―Auld Golf Course
ここ連日”勉強&ジム”の繰り返し。 そろそろ退屈を感じ始めている。。。

とそんなときの為のゴルフだけど、今日は彼女が夕方からのシフトなのでその間行って来ました。先日のAuld golf course。 まず最初にカメラを持っていこうと思ったのにも拘らず、見事忘れました。申し訳ありません。 ここには野うさぎがまさに”うようよ”いて、途中には”白鷺”のような鳥まで現れてくる。そんな綺麗なところなんです。また行く機会があれば今度こそは写真を。

それと先日レッスンを受けるといいましたが止めました。
理由その1 色々なCDが欲しいのでレッスンを諦めた。
理由その2 球が右に出る理由が分かった。(内藤雄士の本のおかげ、本も役に立つもんだ)
理由その3 自分で直すところがゴルフの楽しみの一つでもあると思っている。
理由その4 ちょっと意地になっている。

まあ本を読んで理由は分かったものの、その後実際に球を打ってないというある意味無謀な状態でコースに挑みました。

出だし3ホール―パーオン&2パットでパー(前回と同じ。) 勿論気分上々

4ホール目―珍しくドライバーでダフル。おもわず苦笑。その後グリーン手前まで運ぶものの、チッピングをミスり、更に3パット。最悪のトリプルボギー。ちょっと止めたい気分が出始める。

5ホール目―グリーンを外し、チッピングにも失敗してボギー。調子は完全に下降気味。

6ホール目(パー5)―2打でグリーン横のバンカーまで行くがそこからバンカー往復コースで3打叩き、ダブルボギー。バンカー恐怖症が自分の中に芽生える。今日は最悪な予感。

7ホール目(パー3)―200ヤードという嫌がらせとしか思えないこのホール。1打目見事にグリーン手前のバンカーへ。自棄になって打った球が見事ピンそばに落ち、ラッキーパー。

8,9ホール目―何とかパーで切り上げる。ちょっと調子が良くなってきたかも。。。。前半42であがる。

10、11,12ホール―ドライバーは左に行ったり右に行ったり。でも2打目をグリーンに乗っけてパーでしのぐ。

13ホール(パー3)―再びバンカー。今度は失敗し、ボギー。ここバンカー多すぎ。

14ホール(パー4)―ドライバーが思いっきり右に行き、ボールが消えたと思ったら隣のコースに残っている。ボギーで切り抜ける。 途中ウサギを引きそうになる。

15ホール―パー。段々書くのが面倒くさくなってきた。多分皆さんもつまらないだろう。。。だがしかし。。。

16ホール―ドライバーを外すも2打でグリーンにのせ、そこからなんとラッキーバーディー。コレだからゴルフは楽しい~。

17ホール(パー3)―175ヤードをなんとベタピンに寄せる。スイング良い感じだぜ~。らくらくバーディー。

18ホール(パー5)―ドライバーをフェアウエーに打った後”3連続バーディー”なんて欲張りなことを考え始め、残り230ヤード上りを5ウッドでマン振りする!。。。。。結果。グリーン横のハザード地帯にボール二つ分入っていた。。。寄せにも失敗し、結局ダブルボギー(泣)。後半38.

と、長い説明になりましたが合計80です。難易度が71.7のところで80はいいほうです。
今日の反省点。
バンカーの練習をしろ! 無謀な挑戦のしっぺ返しは大きすぎる。
でも~~。
今日の収穫は大きすぎる、too。 スイングを変えたことによって球は真っ直ぐ行き始めたし(たまに左に引っ掛けるという欠点も生まれ始めたが、しばらくは仕方がない)弾道は高くなって今日のような硬いグリーンでもやっていける。。。

どのようにスイングを変えたかは。。。説明しにくい。。。でも一言で言えば”テークバックをインサイドに引かないこと”です。

いや~今日はぐっすり寝れそう。。。
なめたブログですみません。。。
[PR]
by takuearth | 2005-06-03 12:44 | 熱く語れ!~ゴルフ~
Auld Golf Course
朝起きて車で彼女を職場まで送って行き、そしてそこから自由の時間。
ここ2日間はそんな生活です。今日も街に出て車でふらつきまわってまた新たなCafeに到着。
そしてまたまたデジカメ忘れました。。。。。すみません。

SanDiegoには二つの大きな大学が。SanDiego State University(SDSU)とUniversity of California San Diego(UCSD)。今日のCafeは比較的SDSUに近いということで学生が少々いますね。 あっそうそう、こちらの大学は今週?来週?がFinal Weekだそうで。可愛そうに。。。。幸運を祈ります。

でもやはり都会の学生はおしゃれですね。更に良く勉強してそうに見える。気のせいかもしれんが。 そしてまた痩せてます。Indianaの人たちはやはり肥えてます。
一昨日、24時間のジムに夕方6時頃行った時、そこにある雰囲気はやはり意識レベルの違いを示してました。実に満員御礼。50台以上はあるだろう有酸素運動の機械は一台も空いてなく、人だかり、汗だかり。おいおい、ハンマー投げオリンピック候補?って思うような見たことないような筋肉している人や松葉杖つきながらも筋トレしている女性や。みんな仕事が終ってから直行でジムに来てるみたいですね。負けてられないね~。

ところで昨日こちらに来て初めてゴルフ場に行ってきました。Auld Golf Courseという比較的新しいところだけど、良かった。かなり綺麗。そして英国タイプのリンクスゴルフコース。彼女にカートを運転してもらい9ホール回ったのですが、全くもって難しい。グリーンは大きく、うねっている為、ピンの下を狙っていかないとパーは難しい。更にいやらしいことに芝目まであるし。
それでも出だしの3ホールは上手く行き”あれ?今日意外といいかも”と思ったら4ホール目からがた落ち。球は右に曲がりだすは、ドライバーでOB出すは、バンカーに入るはでダブルボギーの連続。結局終ってみれば前半だけで44。 それでも久しぶりに遣り甲斐のあるコースに出会えてちょっと興奮してます。ドライバーを打つときは落とし場所を考えなきゃいけないし、グリーンもそう。頭使いますよこのコースは。 値段は夕方からだとかなり安くて、3時半以降ならカート付で29ドル。都会でこの値段なら毎日来たくなるね。

ところで最近球が右に行く癖が治らなく、自分でも原因不明なのでレッスンを受けようかと思ってます。それもこのゴルフ場で。ここのレッスンプロは昔ツアーにも出てたみたいだし、見てたらビデオやコンピューターを使いながら教えてるから信用性は十分ある。自分で無理に直したら変な癖がつきそうなのでそろそろ酷くなる前にプロに見てもらおうかと。
実はこのゴルフコースに日本人の女性レッスンプロもいるんだけど、それは。。。。パス。偏見というわけではないけど、”電化製品を買うなら日本製”というのと一緒で”レッスンを受けるならアメリカ人”ということです。
その話はまた後日。
[PR]
by takuearth | 2005-05-26 03:56 | 熱く語れ!~ゴルフ~
Good bye Reggie....
a0033717_5432013.jpg昨夜、NBAのPlayoff Indiana vs Detroitの第6戦目。Indianaはここで負けたらおしまいという試合でしたが、前半のリードを守りきれず惜敗。

今シーズンで引退を表明してたReggie Millerの最終試合ともなってしまいました。以前ここのブログでも書きましたが、18年間IndianaにいたReggie。最後は感動的でした。

負けて欲しくないと思いつつ、次の試合はAwayの試合(Detroit)。だからReggieの最後の試合は是非Indianaであって欲しい。なんて矛盾した考え持ってましたが、やはり最後はIndianaで終れて良かったのではと思ってます。最後もう試合が決定した残り50秒辺り。Reggieはベンチに下がり、皆からの熱い拍手。 そしてもう痺れるほどのジェントルマン、Detroitの監督Larry Brownはもう勝ちが決定しているにも関わらず20秒のタイムアウトをとる。何をするのかと思ったら、監督自らが前に出てその20秒をReggieの為に。。。選手と共に拍手をReggieに送ったのである。 かっこよすぎる。。。 Larry Brownは以前Indianaで監督をしてたのでReggieとは監督&選手の仲だったんだと後で知りましたが、11月の乱闘事件以来”因縁の対決”と言われても仕方のない両チームでしたが、昨日の試合は男泣きに溢れる”勇姿”の戦いでした。 畜生。俺もあの試合見に行きたかったぜ。。。 (写真はwww.nba.comより抜粋)


P.S. 最近回りの友達から”電話相談室ー道案内係”的な扱いされてます。
<事件1> NewYorkに車で行った友達から電話が。。。”Takuさん、NYにあるMitsuwa(日本のスーパー)の場所知らない?” 知らないし、行った事もありません。それでも優しい俺はInternetでわざわざ調べてあげちゃったりして。

<事件2> Indianapolisに行くと大体”どこどこのお店ってどういう風に行くんでしたっけ?”という電話はよくかかってくる。 コレは慣れました。

<事件3> 昨夜の話。 Indianaからグランドキャニオンに向かっている友達からの電話。 夜、グランドキャニオンまであと1時間もないというところでガソリンがあまりない。 ということで
”Takuさん、グランドキャニオンの中にガソリンスタンドとかありますかね~?”なんていう相談。ちゃんと相談にのってしまう自分。

”人間ナビゲーター” もしくは ”地図男”の異名はここアメリカでも発揮されています。でも最近老朽化が著しいけど。。。
[PR]
by takuearth | 2005-05-21 05:44 | 熱く語れ!~ゴルフ~
Bridgestone
今日は夕方から”ジム&ゴルフ番組”のコンボで優雅なひと時を楽しんでましたが、その時Nikeのコマーシャルに遭遇。
以前話をした”タイガーのチップインショット”が新しく発売されるNikeのボールのコマーシャルにそのまま使われていたのです。ま~あれを使わない手はないわけですが、こりゃあ本当に売れるよ。 

ゴルフ界にとって(他のスポーツでもそうですが)契約選手の選別は重要ですね。
Nikeは新しいスポーツジャンルに介入してくるとき必ずといっていいほど”超有名選手”を高額な契約金で引き抜いてきますが、最近他のブランドも同じ事をしてます。
テニスのビーナス ウイリアムス(プーマと契約だっけ?)もそうだし、他には。。。。思い浮かばん。

今年から日本のゴルフブランド”Bridegestone”がアメリカに参入してきましたが、しっかり有名選手抑えてます。Fred Couples, Nick Price, Stuart Appleby。も1人、忘れてならないのが丸ちゃんですが、Bridgestoneもかなり渋い所を突いてきましたね。これじゃあ対象は若者じゃなく45歳以上のおじさんになってしまうよ。 また面白いのが このコマーシャル。
”Boom Boom Boom” と歌ってます(笑)まあ”飛ぶよ”と言いたいのでしょうか。
まだまだ発売されている商品が限定されてるので飛躍的に売れるということはないでしょう。

それにしても日本の商品はあまりこちらでは人気ないですね。強いて言えばMizunoのアイアンぐらい。アマチュアの中ではMizunoのアイアンの評判は良い。タイガーも昔Mizunoのアイアンを使ってたけど、実際僕も大好きでス。 それと一時期流行のように売れた”ロイコレ”のユーティリティークラブ。 これもかなり良い品物ですね。

日本のクラブがこちらであまり成功しない原因は値段の違いにあるかも。
基本的に日本で売られてるクラブはアメリカに比べて”高い”。だからアメリカブランドは日本での売り上げはかなり嬉しいだろう。なんたって利益率が高いから。
逆に日本から来る商品は困る。アメリカで少し安くしないと他のブランドと競争できない。
アメリカで売るという地盤も出来てない状態、更に日本より低い利益率、無名に近いブランド力。どう考えても”慎重”にならざるを得ないこの現状。
BridgestoneとしてはタイガーがMastersで決めたあのスーパーショットのような”奇跡的な瞬間”を契約選手に期待するしかないのだろうか。。。 
[PR]
by takuearth | 2005-05-02 14:22 | 熱く語れ!~ゴルフ~
Vijay Singh~遅咲きのゴルファー~
去年タイガーウッズに代わってPGAツアーを盛り上げた男Vijay Singh。
先日ゴルフの殿堂入りが決定しました。去年日本の英雄青木功が殿堂入りしましたが、
42歳という比較的若い時に殿堂入りするのはまれでしょう。
でも去年の彼の活躍が脚光を浴びて今年殿堂入り。それまでの道のりは他のゴルファーとは全く違って苦労の連続だったのはあまり知られてない。

元々インド系のVijay(インドの言葉でVictoryの意)だが出身は小島フィジー島。
父親が飛行機のパイロットで小さい頃は飛行場の横の芝生でゴルフの練習をしていたらしい。
アメリカツアーで活躍する多くの人達はある意味キレイに整備されたレールの上を歩いてきたと言ってもいいかもしれない。大学で活躍して、プロに転向してそしてプロで活躍する。
大学で幾ら活躍してもその後なかなかプロになれない人や、数年後にやっと花が咲く人たちも沢山いるが、Vijayはその中でも特別。

あるゴルフ場のレッスンプロとして働きつつもツアーでのお金を稼ぐ為、長身を生かしてボディーガードの仕事をしたりもしていた。そしていきなりアメリカツアーに来れる訳もなく、小さな大会からアジア、オーストラリアツアー、ヨーロッパツアーそして最後にやっとアメリカツアーに参戦。アジアツアーからアメリカツアーに来るまでその道のり約10年。
1993年アメリカツアーに参戦した年いきなり初優勝。そしてその5年後に四大大会のPGAチャンピョンシップで優勝。そして2002年までの9年間で11勝。普通に考えれば中堅よりやや上の選手として捉えられていた。
だが2003年から今現在まで14勝。まさに42歳になった今Vijayは自分のゴルフの頂点に達しようとしている。タイガーが29歳の今の時点で43勝(まあ彼は特別だけど。。。)まで達してると考えるとVijayは本当に遅咲きの選手。

Vijayは誰よりも早く朝練習場に来て誰よりも遅く練習場に居るとして有名だけど、彼は心からゴルフがプレーできることを楽しんでいる証拠。昔の辛い時期があったからこそ、ゴルフに対する欲望が尽きず、また愛しているのだろう。
才能があることはやはり必要だろうけども、彼は自分を完全に磨き上げることで40歳代になって初めて世界ランキング1位になることに成功。

勿論なんでこんな早い時期にゴルフの殿堂入りになるかと疑問に思う人は沢山居るだろうけども、彼の努力と苦労はそれ以上に値するものだということ。

でも殿堂入りしたからといって今が彼の頂点とは限らない。Vijayは更に上を求めているだろうし、限界を感じるまでは今のように練習を続け、活躍してくれることは間違いない。

タイガーと違ってある意味”地味~ず”なVijayだけど、心からゴルフを愛する姿、自分を鍛え上げていく姿は僕にとってはとても美しい姿に見える。。。
(此処での情報はwww.pgatour.comより。)
[PR]
by takuearth | 2005-04-24 16:32 | 熱く語れ!~ゴルフ~
The Masters 総評
初日出遅れておきながら最終的に優勝してしまったTiger Woods。
とりあえず久しぶりのMajor大会優勝おめでとう!ですね。

でも。。。。
個人的にはChris DiMarcoに優勝して欲しかったのですが。。。
去年のこの大会はPhil MickelsonとEarnie Elsの戦いの中Philが劇的な優勝を飾ったのですが、その傍ら最終日Philと一緒に回ったChris DiMarcoは独り悔しい思いをしていたことを皆さん忘れてはいけません。

ちょっと今日は熱く語らせていただきます。(ご了承ください。笑)

そのDiMarcoが去年の悔しさを晴らす為にこの大会にかけてた静かな執念は素晴らしかった。最終日は彼には珍しく感情を思いっきりむき出しにしてTigerに挑んでいたけど、それと共に冷静沈着な部分も持っていた。15番のPar5でのレイアップもその現われだろう。

一打差で迎えた16番Par3。僕の中ではDiMarcoが逆転優勝する確率はまだ十分あると思った。
DiMarcoがパーオンに成功し、Tigerがグリーンを外したときはこのホールで並ぶもしくは逆転するとまで思った。それだけTigerの球が落ちたところは難しかった。短いラフと長いラフの間にボールが位置していた為ボールコンタクトが難しいのは分かっていたけど。。。。まさかそれをチップインバーディーにするとは。。。。。観客もアナウンサーも久しぶりの”本物Tiger”に酔いしれた瞬間。独り冷静を保とうとするDiMarco。

その後残り2ホールでまさかの連続ボギーでTigerがスコアーを落としたけど、DiMarcoも死んでなかった。両方のホールでのパーパットはいずれも簡単ではなかったし、今までそのようなパットをこの重要な場面で外してきた選手は沢山いた。彼の頭の中でそれはよぎっただろうし、僕の頭の中にもよぎった。
DiMarcoがその両方とも決め、タイガーのように感情をむき出しにした姿はまさに新しいDiMarcoだった。去年の屈辱から潰れずに成長してきた彼の姿だった。
でもPlayoffに持ち込むのが彼にとって精一杯だっただろう。Playoffに入った時点でどう考えてもTigerに分があった。

理由はこう。465ヤードという長いPar4。そして硬いグリーン、難しいピンの位置ということで2打目は高い弾道そして正確なショットが要求される。 こうなってくると飛距離で優るTigerに自然と分が行ってしまうのです。そして予想通りTigerがバーディーを決め優勝。

優勝スコアーが12アンダーそして3位が5アンダーとその差7打差。これで分かるとおりDiMarcoはTigerさえいなければ”ブッチギリの優勝、去年の雪辱を晴らす”だったはず。だが運悪く”Tiger復活”という皆が望んでいたものにかき消されてしまった。

去年のElsもそうだったが、自分のBestを尽くしても優勝できない。この状況から立ち直り、再び這い上がってくるのは試練だろうけども、”闘将DiMarco”を見せたくれた彼に盛大なる拍手を!
[PR]
by takuearth | 2005-04-12 16:05 | 熱く語れ!~ゴルフ~
ゴルフって奴は全く。。。
昨日はゴルフクラブを握ることを控え、筆を握っていたTakuですが、やはり我慢は一日しか出来ないようで、今日もまたゴルフクラブに握り替えて朝からコース行ってきました。

結果。 惨敗。 誰に負けたって? とにかく惨敗。

点数―45&49で94(Par 73)(6520Yards)
Fairway hit―21%(前回からがた落ち)
Green on Regulation―33%
Up&Down―0%(もうやる気なし)
Putt-38(相変わらず下手です)

先日のブログで”次は80を切るかな”なんて調子に乗ったことを言ってしまいました。申し訳御座いません(泣)
言い訳はございません。しばらくクラブ握るの止めます。不貞腐れてます。
それにしても今日のゴルフ場も混んでました。
いつものとおり途中からお爺ちゃん3人と一緒に回ったわけなんですが、今回はSanDiegoらしく、
元軍人の人達でした。お爺ちゃんで軍人となると日本人という身分を明かすと殺されるんではないかなんてビビッてしまいましたがそんなことはないみたいだね。良い人たちでした。
このお爺ちゃん方羨ましい事に、毎週月曜日と水曜日に同じ3人でゴルフをしてるらしい。
和気藹々と陽射しの中、海風を感じながら週2回、同じメンツでゴルフ。
もういうことないじゃないっすか~。
早くおじいちゃんになりたい。。。なんてね。

そうそう、このSanDiegoに来ることもこの先そんなになさそうです。
なぜかというと、彼女の次なる行き先がNorth Carolinaに決まったのです。
今度は東海岸ですよ。西海岸から始まり、中部、中西部と移動してやっと西海岸に戻ってきたと思ったら今度は東海岸。 最近はアメリカ人は嫌な人が多いということでオーストラリアに行きたいなんて言い出してますが(笑)
6月の終わりに引越しなんですが、今度はまさに大陸横断。約4300キロの旅。勿論運転手は僕です。大変だと分かっていながら楽しみにしている自分が怖い。

僕も早く行き先見つけなくては~。
[PR]
by takuearth | 2005-03-24 07:49 | 熱く語れ!~ゴルフ~
素晴らしきコラムニスト
今日はちょっと気分が良くて夜の授業が終わった後に図書館なんかに行って12時近くまで勉強しちゃいました。驚くことに、今学期最初の図書館訪問です。
自分へのご褒美にとコーヒーを買ったんだけど、レギュラーコーヒーを頼んだはずが飲んでみたら
最悪な”フレイバーコーヒー”。なんだか変な臭いと味がするんだよこれ。
なんだか1ドル50セント払って、閉店間際の残飯処理班の一員にされられた感じです。
これだからカフェグラは。。。。。もう完全にスタバ派で行きたいと思った一瞬でした。

ん~今日は以前から書きたいと思っていた事を。
僕をゴルフ好きにさせた人物は二人。
一人は今日本のTitleist(アメリカゴルフブランドの老舗)で働いている”師匠”しんぺい。
まさにゴルフのイロハを教えてくれた人物。
ゴルフのやり方だけ教えてくれれば良かったものの、ついでにゴルフの豆知識をたんもりと教えてくれちゃって、出来上がったものはこのような”ゴルきち”(ゴルフ気違い)なんですが。
さらにもう一人、プロゴルフ選手や大会の背景を普段は知ることのない情報を時にはわかり易く、時には女性らしく”優しい”視線から伝えてくれるゴルフジャーナリスト”舩越園子”さん。
ほとんどのPGAツアーの大会に行ってはコラムを毎週書いてTVやNewsでは分からない
多くの事を彼女は伝えてくれる。(www.golfdigest.co.jp)僕にとってはかなり羨ましい仕事ですが。
一方では朝日新聞でもたまにコラムを書いている。(www.asahi.com)ここでは"素顔のプロたち”というタイトルでプロ選手ひとりひとりの私生活、大会以外での出来事を中心に描いている。
残念ながら今までの全てのコラムはここには残っていないが、これを読むと選手に対しての愛着心が増え、更にその人が大会で優勝なんてしたモンなら、時に涙を流したりと。
スポーツ選手はみんなそうだろうけど、私生活からくる影響は多大なるものだと思う。
特に個人スポーツだと自分の調子、メンタルが自分の成績としてはっきり出てくるからなおさらだろう。
僕らが思っている以上に苦労をしている選手は多い。そんな中一片の素敵な話を彼女はこのコラムで皆に伝え、そして読者から選手に対して感情移入する。ん~なんとももいえず素晴らしい仕事を彼女はしている。
そう、これを読めば自然とゴルフが好きになり、退屈だと思われるTVでの中継も面白くなるのです。
有名選手だけが注目される中、下位選手にも注目したくなる、そしてその選手の名前を覚えて、最後にはPGAのほとんどの選手のことを知っている、そんなオタクロードまっしぐらになってしまいます。

ようこそゴルフの世界へ。このブログを読んだあなたも、少しずつその世界へと引きずり込まれているのです。 ふふふっ。
[PR]
by takuearth | 2005-03-10 15:54 | 熱く語れ!~ゴルフ~
藍ちゃん優勝ならず。。
少年のような心に戻って今”森山直太朗”聞いてます。っていっても実は彼、僕と同い年。。
かなり意外と共に、”なんだ~ためじゃん”と急に親近感が湧いてしまったりして。
まあ彼から僕に対しての親近感は全く生まれる余地ありませんが。。。

さてさて、今インターネットでオーストラリアで行われている女子ゴルフを見てますが、
宮里藍ちゃん残念ながら優勝ならず。。かな?唯今17番まで終わったところで1位と2打差の2位。
とおもったら、今終了しました。1打差の2位です。残念。最終日はスコアーを伸ばせずイーブンパー。
優勝者はベテランそして、地元のカーリーウェブ。逆転優勝です。ウェブは前半5アンダーと絶好調のゴルフを展開して藍ちゃんにプレッシャーを与え、そのまま逃げ切り優勝。過去にこの大会で4回(?)勝っているウェブは最終日に本領発揮した形になりました。
やはり世界でも一流の選手と最終日、最終組で一緒に回っていると相当なプレッシャーは彼女でも感じるんだろう。藍ちゃんのキャディーも感じていたはず。でもそういう経験は今後を考えると大きいよ。
いまさらこんな話をすると”たられば”になりますが、もし優勝してたら今年とその後3年?のヨーロピアンツアーの出場権を手に入れられたんだよね~。まあ今年は日本でやって来年からアメリカツアーに挑戦しようとしている彼女にとってその権利はあまり意味のないものなのかもしれないけど、シーズン後半にある”エビアンマスターズ”と”全英オープン”の出場権がそこに含まれていたので、その2試合を逃したのはでかい。この2試合はアメリカツアーの人たち(強豪)も参加するので是非参加したかっただろうけども、このまま日本で活躍すれば”招待選手”として呼ばれる可能性もあるのでこれからのシーズン頑張って欲しいものです。
日本でも最終日の中継あったのでは?だとすると本当に”旋風”を巻き起こしてるよね。

さて、話は男子ツアーに移ろうと思いますが、この話あまり面白くない。
今週の大会はマッチプレー。よってどんどん人が減っていく。そしてタイガーも消えて丸ちゃんも初日で消えた。ん~明日の決勝は盛り上がりに欠けるだろうな~。唯一救いなのはアメリカ人同士の戦いということ。なのでアメリカ人はまだ見る人はいるだろうね。

ところで、女子ツアーのホームページを見てたら一つ驚きのニュースが。
9月に行われる”Solheim Cup”というアメリカ代表対ヨーロッパ代表の大会があるんだけど、
なんとそれが今回我Indiana州で行われます。 これは”必須”の行事でしょ~。と今興奮してます。今までそんな近くで行われることは全く知らなかったのですが。。。(恥)

最後に今夜は大学の隣の飲み屋で”水着コンテスト”が行われてます。更にある雑誌のグラビア女優(この表現あってるか?)が二人来るらしい。 
ということで結構僕の周りでは盛り上がってました。多分今までにないくらいその飲み屋は盛り上がっていることでしょう。
ん?僕は行かないのかって?もうそんな”だらしない顔”を外で見せられない歳になってしまったからね~。パスです。全く興奮しない自分がいるって。。。。本当に悲しいね~。
そんな僕にはビール片手に”ブログ”がぴったりではないかと。

では最後に今日の曲 勿論森山直太朗で”陽は西から昇る”でした。
今度日本に帰ったら彼のCD買わないとな~
[PR]
by takuearth | 2005-02-27 15:24 | 熱く語れ!~ゴルフ~
Australian Open
Australian Open Tennisが終わりました。
今回100回記念だったこの大会、歴史に名を残したのは男子Safinと女子Seneraだった。

Serena Williamsは本来の力がやっと戻ってきたのだろう。
今調子がいいDavenportを逆転しての優勝。
今年、彼女はまた世界ナンバーワンを目指して登ってくること間違いなし。
僕としては早くJustine Henin-Hardenne がツアー復活してあの豪快なスイングで相手を翻弄してもらいたいのですが、彼女の復帰は今のところ未定。
一方で、あの天才テニスプレーヤーMartina Hingisが復活する話がある。
これはどこかのサイトで見たのだが、とりあえずはチャリティー形式の大会に出場するらしい。
そこで調子が良ければ本格的に復活する可能性があると伝えられてるが、以前のように世界Top10に入るのはまず無理だろう。彼女のテニスは今のパワフルテニスに合わない。(ちょっときついかもしれませんが。。。。)

さて、話は戻って、男子。
Safin、優勝しましたね~。次なるレベルにこれで達したことでしょう。(笑)
テニスのスタイル的にやはりSafinが有利だったのかもしれない。
Safinの攻撃的テニス。そして守備型のHewittのテニス。
Safinのテニスがコート内で収まるような展開ならやはり彼が有利になってしまう。
第一セットこそ落としたものの、そこからは見事な展開で戦ったよう。(実際見てないので想像でお話しております。。。)
この先もSafinには今のレベルを保って活躍して欲しいものです。おっとこまえだしね。

それにしても早くテニスしたいね~。こちら外が寒すぎて出来ません。
それでもたまに氷点下に達しない日があるのでタイミングを見計らってテニスをしようとは、友達と話しているのですが。 あと一ヶ月ぐらいは無理かもね~。
[PR]
by takuearth | 2005-01-30 13:16 | 熱く語れ!~ゴルフ~



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31