2005年 07月 22日 ( 1 )
心乱れてこそ本物
ただいま~。今、帰宅。今、夜中12時前。

昨夜は珍しく夜中うなされました。そこに追い討ちをかけるように夜中4時の雷。
朝6時半に彼女に起こしてもらったはいいけど、あまり寝た気がしなかったのでそこから二度寝
結局8時に起きて学校へ。

テストを早めに切り上げて、Indyへ。
学生証を作る機械が壊れてた為に作れなかったけど、アドバイザーに今一度会って
授業登録の変更について少々お話を。
それにしても、もう最高ですよこの学校。教授にしろ、アドバイザーにしろ、オフィスのひとにしろ
みんな親切だし、温かいよ。
今日流石に彼女に”ちょっと調子に乗りすぎだね~”と言われました。
もうこれ以上は止めておきましょう(謝)

さて、夕方まで街をふらふらして、7時からAndy Roddickに会いに。
Andyが出るだけあって、人は多い。26ドルの当日券だけど結構前の方でかなり見やすい。
男子プロを目の前で見るのは初めてだけど(日本のはあるけど。。。)
一言でいえばみんな”ごつい!” 思った以上にごつい!! Andyもごつい!!
でも相手が格下ということで、Andyのテニスは本気ではなかった。 
サーブだけは本気だったけど。 はっやい、はっやい。 最高で134マイル(約214キロ)。
流石にその瞬間は観客からもどよめきが起きたよ。
でもストロークはどちらかというと”スピン系”が多く、速さよりもバウンドの高さが目立った。

最悪だったのが、後ろに中学生ぐらいの子供が二人いたこと。 うるさいのなんのって。
Andyが例の如く切れだすと手を叩いて喜びだすし、偉そうに解説してるし。
”俺、全米オープンテニスのチケット、タダで手に入るけど、お前行きたい?”なんて会話してるし。
まあ中学生に心乱されてる時点で僕の負けですが。。。。。。まだまだ子供だ~俺。

でもAndyの子供じみた行動には負けるよ。
途中自分のプレーに切れてラケットを自分のベンチ方向に投げたんだけど、
それが思った以上に飛んでボール拾いの女の子の方向へ。。。危うく当たるところだった。。
これまた会場にどよめきが起こり、Andyはたちまち悪役。
というのは大袈裟ですが、審判はAndyに説教してました。かなり説教してました。
もうそのときのAndyの態度といったら。。。俺以上に子供。。。ふっ、君の勝ち。
でも切れた後のAndyのプレイは本物。少し本気でした。 彼は切れて何ぼの人間。

結局試合はAndy Roddickの圧勝。 残念ながらあまり面白くない試合でした。
やはり試合を見るなら”Federerしかいない”と改めて思った試合でした。
ん~来年ウインブルドン行きたいね~。卒業旅行と称して! なんて冗談です。

Andyの試合の後はダブルスの試合がある予定だったのですが、
遠くのほうで雷が光りだしたので帰ってきました。

さあ、明日はテストを返してもらって、気分を良くしてNorth Carolinaへ再び。
アホだと思ってくれて結構ですが、13時間かけて車で行ってきます。あははっ。
大陸横断すると13時間が簡単に思えてくるのさっ。

まあ”テストドライブ”って気持ちで。 
まあ一番問題なのは”車がもつかどうか”なんですが。。。
まあいつものとおり。。。。。。。。

。。。。。。。。。

乞うご期待。

あっ、大陸横断の話まだしてなかった。。。またいつかということで。。。
[PR]
by takuearth | 2005-07-22 14:33 | 今だ学生。。。



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth