2005年 07月 05日 ( 1 )
思ひ出の音
嵐の前の静けさ。。。
いよいよ引越し最終章、トラックが今日アパートに来る予定。
その前のホンノひと時。コーヒータイム。ん~このまま逃げ去りたい。
彼女は仕事初日。 そして僕は引越し最終日。
先程トラック会社から電話があり、トラックは朝から昼の間に来るとの事。
まあこの適当さにも慣れましたが、もっとはっきりとした時間言えないのかね?

さあ、この最終章。大変なことになるよ。 彼女が帰ってくるまで多くの荷物を運ばなきゃいけないし。
しかも部屋は3階。前にも言ったけど、3階。エレベーターなしの3階。。。。。。3階。。。。。。

おおっと、今ちょっと意識が飛びそうになったぜ。

まあ、とりあえずこの場は現実逃避しますか。

話は変わって、同じ学校に行っている人がMusical Batonなるものをやってまして、これは僕が好む音楽を紹介し、そして僕の友達5人にまたそれを広めてもらうという、”またこの類かよ”といった感じのものですが、折角なのでやってみようと思います。

質問①
~コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量~
9.32GB DriveCはパンク寸前。

質問②
~今、聴いている曲~
Radiohead のアルバム"The Bends" より (Nice Dream)

質問③
~最後に買ったCD~
Gorillazでアルバム"Spacemonkeyz vs. Gorillaz"
この旅行の途中で中古CD屋を見つけ、そこで発掘した品。内容は。。。イマイチ。。

質問④
~よく聴く、または特別な思い入れのある7曲~
本当は”5曲”なのですが、勝手に”7曲”に変えました。

1.Champagne Supernova by Oasis /"(What's the story) Morning glory?"より
Oasisといえばこの曲になってしまう。 IntroからEndingまでとにかく完璧のこの歌。 日本武道館でOasisのコンサートに行き、締めの曲としてこの歌を聞いたとき涙を流した逸話あり。 Oasis絶頂期の話。

2.High and Dry by Radiohead/"The Bends"より
この曲は以前にもここで紹介しました。 アメリカに来るときに友達からもらったビデオ(音楽のビデオクリップを集めたもの)のなかでこの曲が入っていて、見たときの感動というか衝撃といったら。。。この曲も最高です。

3.Sonnet by The Verve/"Urban Hymns"より
またもや英国ロック。惜しくも名作を残してすぐに解散したThe Verve。このUrban Hymnsは僕の中でベスト5に入る名作。このアルバムの”Bittersweet Symphony"はみんなも聞いたことがあるはず。 ”う~ギター弾けるようになりたい!”と思わせる歌。

4.Stand Inside Your Love by The smashing pumpkings
"MACHINA/The Machines of God"より
ここでアメリカロック登場。これまた解散してしまったバンド。略してスマパン。
活動中は”このアルバムでロックは極めた”と豪語し、デジタルロック系アルバム”Adore”を発売し失敗。でもその後このアルバム”MACHINA”で完全復活したかと思ったんだけど。。。解散。Alternative Rockの代表的バンド。

5.Semi-Charmed Life by Third Eye Blind/"Third Eye Blind"
ここから少し趣向が変わってきます。思い出の曲。
アメリカに最初に旅行に来たとき、この曲が流行りに流行っていて、コレを聞くと”ん~アメリカ~”と言いたくなる。今ではあまり売れないバンドになってしまったが、一度Indyのライブハウスで聞いたときは”まだこのバンド死んでない”と確信した。

6.Cantaloop by Us3/"Hand on the Torch"
New Jazzのジャンルなのかなんなのか? この曲との出会いは高校1年の時。
まだまだ若造だった僕にこの”大人”な音楽をくれたのはバイトの先輩でもあった、”Silva”姉さん。 洋楽への入り口はこのときだったのかも。。。?

7.永遠の胸by尾崎豊/"誕生Disc1"
やはり最後は日本人で。僕の青春時代といえば尾崎(笑)。日本の友達も良く知っているとおり、カラオケでは良く熱唱しました(笑)。この前の冬に友達に頼んでこのCDを持って来てもらい、久しぶりに聞いたんだけど。。。。。やはりいいね~。名作です。

最後に5人の人にこの”バトン”を渡さなきゃいけないのですが、私の独断と偏見で選ばせていただきました。なお、本人には直接連絡しませんのでよろしく。

*首相こと、326氏(日の丸系)
*Tama氏(キャンプ系)
*輩氏(音楽系)
*元秘書(言語系)
*新人商社マン(音楽系)この人なしでは音楽語れない!

と勝手に選ばせてもらいました。それぞれの好みは被らないと思われます。

。。。。。。

とまあ長々と現実逃避してしまいましたが、そろそろアパートに戻ってトラックの到着を待つとします。(泣)

アキレス腱切らないようにちゃんと準備運動しないとね(笑)といってもちょっと笑えない。最近僕の周りで二人もアキレス腱切ってます。二人とも30歳代。いや~笑えない。。。
[PR]
by takuearth | 2005-07-05 23:24 | 世の芸術~音楽~



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth