2005年 02月 09日 ( 1 )
学生と社会人の距離
最近家で野球の素振りをしつつ、ホームラン打ったときの喜び方を練習しているTakuです。

昨日バイト先の職人と話をしているときに重い言葉が耳に残りました。

”Distance between school life and job life"

僕ほどこの距離が長い人間はいないでしょう。
日本に帰れば友達にこの学生生活を羨ましがれ、その言葉を聞く度に現実から逃げている自分が居るのにも気づくわけですが、長く現実から逃れているのは本当に良くない。
働くことに対して現実味を覚えなくなったり、理想が高くなったり、妥協できなくなったり。

全く俺はいつまでこんなことやっているのでしょう。。?
本来ならみんな仕事に就いたら”大人の遊びしてやろ~”的な考えが浮かんで来るんだろうけど、時間を費やし過ぎた自分にはそれが全くなくなりつつある。。。
僕の中ではもう就職=結婚になってます。
就職したらすぐ結婚生活。家族の為に働く。
そんな考えが既に出来上がっている自分が怖いけど、楽しみにしている自分も凄い。

でもまず現実として就職してすぐぶつかる壁は”年の差”だろうね~。
この年で就職しても上司は年下。我慢できっかね~?
それともう一つ耐え切れないことが。。
”ゴルフを下手に演じること。。。” おっと調子に乗ってしまったぜ。
でも以前この街の日本人の社長とゴルフしたとき、社長よりいいスコアーで回ってしまって
”もう二度と一緒にやらない”なんていわれてしまったし。
ビジネスゴルフとしてはやはりそれは常識なんだろうね~。

なんだか話が段々ずれてきた気がするけど、
まあなにより学生と社会人の一番大きな距離は親からの独立でしょ。
親の為にも早く就職しないとね~。

と、ちょっと真剣になってしまったTakuでした。

本日の音楽は森広隆で”Pebama”でした。
ちょっとJazzyな音楽なのですが、
このマイナ~歌手の音楽、レンタルショップにあるかな~?
[PR]
by takuearth | 2005-02-09 15:13 | 今だ学生。。。



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth