2005年 01月 31日 ( 1 )
弟子の行方
燦々と太陽が照りつけるアメリカ西海岸からのある電話。。。

”もしもし、Takuさん。今どこに居るかわかります?ぺブルビーチに来てるんですよ~。
ここめちゃめちゃ綺麗ですよ~。今、そこでご飯食べてますよ~。”

一方受け手のわたくし、アメリカ中西部。天気、雪。唯今バイト中。

嫌がらせとしか言いようのないこの一本の電話。
ぺブルビーチというのはゴルファーなら誰もが一度はプレイしたいと思う伝統的ゴルフコース。
サンフランシスコ南部に在る海沿いに設立されたアメリカで一番有名なパブリックゴルフコース。

そんな素敵なゴルフコースに彼の彼女と彼女のお母さんと一緒に見学に言った彼は、その喜びをわざわざ電話で伝えてきたのである。

恥ずかしながら、その彼、わたくしの一番弟子です。(ゴルフのね)
ゴルフというものは本当に怖いもので、簡単に人を”ゴルフ馬鹿”に変えてしまうのです。
ぺブルビーチに行って子供のようにはしゃいでしまった彼、間違いなく”ゴルフ馬鹿”です。
全くの嫌がらせだったその電話を受けた僕は、逆に弟子の育ちぶりに喜んでしまい、
”海沿いにゴルフコースの中を歩いていけるから行ったほうがいいぜ~。めっちゃ綺麗だから”
なんてアドバイスまでする始末。
だって、わざわざ現地から電話で報告してくるなんて師匠としては嬉しい限りじゃあないですか。
最後には”今度こっちにTakuさんがこっちに遊びに来たときは是非ここでプレイしましょう”
なんて粋なことを言ってくれる。全く、憎い奴だぜ。。。しかし、プレイ代は約400ドル。
その将来はいつやってくるのやら。。。

彼はサンフランシスコで看護士をやり、高収入を得ているので400ドルは可愛いものなのかもしれませんが。。。。
一つだけ、気にくわなかった事が。。。
彼らがそこで食事してるといいましたが、そこのレストランかなり高い!!
以前彼女とそこのゴルフ場へ見学に行ったときにレストランも覘いたのですが、
二人で100ドル行きそうなくらい高かった。
その時二人で”将来稼ぐようになってから出直してこよう”と誓ったのですが、
彼はそれをいとも簡単にクリアーしてしまった。まさに”弟子”に先越されてしまったのです。(苦笑)

それでも彼は憎めない奴。
将来君の奢りでそこでプレイすることを師匠は望んでるぜ。
[PR]
by takuearth | 2005-01-31 09:09 | 今だ学生。。。



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth