2004年 07月 30日 ( 1 )
"world-famous" San Diego Zoo
 San Diegoで一番有名なものといったらなにか?それは動物園もしくはアメリカ軍の基地。今回のタイトルが示すとおり、San Diegoの動物園はどうやら世界的にも有名らしい。どれどれ、そこまで言うならこの目で確かめてみようじゃないか。っということで昨日の夜行って見ました。

  この夏の間はNight Zooと言って夜の動物園がやってるのです。実際動物園に行くなんて何十年ぶり?といった感じですが全く”興奮”の2文字に値するものは持たない状態でまさにそこら辺の”公園”に行く感じ彼女の誘いにより行くことに。

  そんな気持ちで言ったもんだから入り口で”入場券21ドル”を見たときに”たかっ!”っと思ってしまったのですが(アメリカでは全ての物価が安いとまだ信じてる僕ですが。)ここまで来て引き下がるわけには行かない。こうなったら一匹残さず見てやろうじゃないの。でもその時、彼女に”沢山の動物に餌をあげなきゃいけないんだからこれぐらい当たり前でしょ。”っと言われ瞬時に納得してしまった僕もいたのですが。

  入ってみると雰囲気は僕の知っている動物園とはちょっと違う。なにやら遊園地みたいな雰囲気。”レンジャー”みたいな格好をしたお兄さん、お姉さん達がいていろいろ案内してくれる。また広大な土地の為(それでもDownTownのすぐ近くにあるんだけどね。)二階建てバスまで走ってる。7時ごろだった為、辺りも薄暗くなっているけど、園内は色々な光で照らされていて”夜はこれからだぜ~”って気分にさせてくれる。(ちょっと違うのりかな?)
 
  園内の地図を見て2,3時間で回ることを断念し(本当に広い!)、お目当てのパンダを真っ先に見に行くことに。彼女曰くパンダはその動物園がどれだけ大きいか示してるらしい。パンダがいればその動物園は大きく、いなければたいしたことがないらしい。確かにそうかもね。パンダのあの愛らしい顔はみんなの”ぬいぐるみ”といった感じだもんね。それにとても敏感だから飼育していくのは大変だろうし。急いでいくとそこには行列が。一目でパンダがここの一番人気というのがわかるし、その時日本での”上野動物園のパンダに長蛇の列が出来てる映像”とダブってしまった。
  
  久々にみたパンダはとてもかわいかった。でもびっくりしたのは普通にフラッシュをたいて撮影していいこと。大丈夫か?と思いながらパシャパシャ撮ってたのは僕なんだけど、一年前に生まれた赤ちゃんパンダもいてなんとも言えない可愛さだったよ。何でかしらないけど、パンダって常に動き回ってるものなのか?僕がいたときは一周20Mぐらいをぐるぐる回ってたけど。その真ん中の木の上では赤ちゃんパンダが寝てるし。本当に持って帰りたいぐらい可愛かった。まあちゃんとそこら辺の人間の心理を突いてるのかわからないけど、隣にはパンダ専用のお土産やがあって沢山のパンダ人形がありました。”パンダをもって帰りたい人はこちらをどうぞ”といわんばかりに。。。(次回に続く。)
[PR]
by takuearth | 2004-07-30 04:14 | ん~旅行に限る



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31