人類のるつぼアメリカ
a0033717_202932.jpg  ふい~。やっとこさ論文が終わったよ。あっという間に朝になってしまい、窓を開けてみるとこんな綺麗な朝焼けが。思わずパシャリと一枚。今回は今までにない長さの論文。もう当分はいいやって感じです。今回のテーマはアメリカの職場における読み書き能力不足に因る事故と損害。
  アメリカは今メキシコ人の流入がすごくて後数年後には全人口の半分を超えると言われてるけど、それに伴いこれらの事故や問題がかなり増えてるらしい。確かにサンディエゴに行った時なんかそこはもうメキシコに占領されたかのような雰囲気で(かなり大袈裟にしたけど。。)明らかにヒスパニックは増えてる感じがしたね。僕の住んでるところはそんなことはないけど。
  まあそんな題材で色々調べてたらアメリカ人自体にも結構読み書き能力が低い人の割合が高いことが発覚。その数字は働いている人たちを対象にして約40%の人達がやや問題あり。これって相当びっくり。この問題の背景には初等教育の問題があるんだけど、中学高校を途中で辞める人達が日本と比べるとこちらはとても多い。その数ははっきりとはわからないけど、家での通信教育なんてのもあるくらい。まあ日本の教育が世界と比べて水準が結構高いから幾分仕方ないかもしれないけど、でも面白いよね。
  なにがって大学院を出た人口を日本と比べると逆にアメリカの方が断然多いんだよね。これまたはっきりとした数字は忘れたけど、理系の数はそこまでではないけど、文系の大学院に関しては確か15倍ぐらい有った気がした。まあ人口が約2倍だら単純にいったら7,8倍ぐらいだけど。それでもすごいよね。これってやはりアメリカの御国柄が出てるのかな?”弱肉強食”と”貧富の差”。 こういう国に皆は来てみたい?
[PR]
by takuearth | 2004-07-06 20:30 | たまにはテニスも
<< 日本対韓国 独立記念日 >>



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31