第一回ゴルフコンペ in Indy
a0033717_12515954.jpg
先日の金曜日にこの前話をした”ゴルフコンペ”がありました。
日本人9人アメリカ人1人、合計10人。よくこんなに集まったもんだ。
しかもその内初めてコースを回る人を含め初心者はなんと5人。
勿論始まる前から”大変なことになるだろう”と予想してたんですが、それよりも大変だったのは天気。
嵐が来ると知っていながら予定してたものを中止するわけにはいかない。
しかも参加する人の中で強力な”晴れ男”がいるというではないか。 もう彼にかけるしかない。

ゴルフ場に行く前に天気予報、天気レーダーを見ても雨が降る確率は100%で厚い雲がぐんぐん向かってきてるのが見える。もうどうせなら始まる前に降ってくれたほうが良い。
そうすれば”延期”という形にできるから。。。。。

でもそう上手く事は運ばない。”あやし~”雲に覆われながら僕による初めの一打!(上の写真)
気持ちよ~く飛んでいった球でコンペは始まりました。

先日”酔っ払いながらゴルフ”なんていいましたが、やはりそんな遊びゴルフは僕には出来ません。(苦笑)
二つのチームに分かれての”賭けゴルフ”というのもあって、へまをするわけにはいかず
完全に真剣勝負。
初心者2人と組んで僕のグループは3人で回ったのですが、思ったよりも進みが良い。
”褒めて伸ばす”作戦でとにかく2人を喜ばせたのが良かったのかも。
前半途中で雨が降ってきたけど、試合続行。
南の方で雷が光っているのがはっきりと見えたけど試合続行。
光ってから音が到達するまで10秒以上。まだいけるっ!
そんな感じで無事前半は終了。
日本のゴルフのようにとまではいかないけど、後ろのグループを待つ為に小休憩。
”どうだったどうだった?”とスコアを見せ合うみんな。
そこそこ調子が良かった(そこそこという表現がみそ)僕は前半38.
なんだかその数字によって”遊び人”の称号を勝手につけられたんですが。。。?

後半チームを入れ替えて再びプレー。そしたらやはり来てしまった、雷が。
先程とは違う雨の勢い。
”引き上げよ~”と叫んで戻りかけた頃に近くで落雷が!光と音が同時に近い!
ゴルフを長い間やってきた僕だけど、この経験は初めて。
危険すぎる!!
”遅~い”カートのアクセルを休めることなく丘を越え、山を越え。
最終的にびしょぬれになったけど無事車までたどり着けました。
皆さん本当に”雷”の時のゴルフは死と隣り合わせです。やめましょう。僕も心底反省してます。
帰りの運転途中”雹”に襲われたほど天気は大荒れでした。
可哀想なことに友達の車のフロントガラスはその雹にやられてヒビが入ったほど。
皮肉なことに次の日のニュースで”Indianapolisではゴルフボールほどの大きさの雹が昨日降りました。”なんて行ってました。 いやいやこれも人生初体験。

その日の夜は友達の誕生日会も含め、焼肉を作り皆でわいわいがやがや。
雷に襲われたものの、みんなの満足度は相当高く、”来週にでもまたやろう”なんていいだすほど
まあ期末テストを2週間後に控えてのゴルフコンペは雷よりも危険性が高く、即却下。
それでもみんなのゴルフ熱は冷めてないようで、今日も初心者団体で練習してるそうです。

最後に、僕の学部で”ゴルフで交流関係を広めよう!”という企画があって、教授、会計事務所の方々、生徒の人達でゴルフコンペをやるという僕にとって”最高の舞台”が舞い降りてきたんですが。。。。。残念ながら期末テストの直後で外出中なんです。。。
”ゴルフ推薦入社”なんて言葉はないと思いますが、惜しいことをした。。。。
[PR]
by takuearth | 2006-04-18 12:49 | American life
<< 後2週間で今学期も終わり 動物愛好家 >>



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30