N.Y. Times
最近”とても出来る子”達に会う機会が多くて困ってます。
完全に質が違う脳みそ。 ん~凹みそうになるけど、努力でカバー。
はい、ガラにないこと言ってみました。

今のアパートに引っ越してきてからずっと新聞を頼んでたのですが、
12月に日本に帰る前に止めました。
一度”止めます”と電話したのにそれでも来続けた新聞。もう一度電話して確認してもまだ来る。
向こうのコンピューター上では”止めた”ことになってるらしいが、
配達所の人にちゃんと伝わってないらしい。

日本から帰ってきたら見事家の前に新聞の山が。
アメリカでは配達屋が車から”ポイっ”って新聞を放り投げるので、
結果として玄関の前に無数の新聞が散らばってるのである。
完全に”私留守です”と分かってしまうので何回も連絡したのに全くの無駄。

その代償としてその後も無料で新聞もらってました。楽しんでました。

そしたら二日前。 玄関開けても新聞がない。。。 ”あれ?配達忘れた?”
そして昨日。    またまたこない。
そして今日。    2ヶ月遅れで購読中止の連絡が配達所に行ったらしいと認識。

なんとなく寂しいこの”期待をしてドアを開けた瞬間、期待の物が足元にない感覚”
もう一度味わいたい”毎朝必ずそこにある物”。

ん~心が揺れる。 もう一度新聞購読したろうか~。
[PR]
by takuearth | 2006-02-14 04:38 | 今だ学生。。。
<< トリ~ン(トリノを英語読みすると) 天才少女が集まる地 >>



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30