猫>自分
猫との戯れを期待していた自分だが、楽しいことばかりじゃないのが世の中。
寝ているときに自分の足元に猫が寝てるもんだから何度も起こされ、仕舞いには引っかかれたし。
ということで、今朝は5時起床。そして猫は僕のベットで寝てるわけ。猫が人間を上回った瞬間。

こんなときは”コーヒー屋に”ってのがIndy的生活なワケだけど、ここではそうはいかない。
別に悪い意味ではないけど、独り暮らしになれ過ぎってのも困るわな~。と実感。
自分の家ではソファーに横になってくつろぐ時間はそうないものの、
ここに来るともうそりゃあ”リストラ”された50代のように家でごろごろ。
”お父さん、しゃきっとしなさい”と言われんばかりに。。。。。。

そうそう、先日Indyのスタバでそのようなおじさん二人が働いてて(完全に新人)、
以前3,4年前に日本で見た光景を思い出したよ。
コンビニやファミレスで働くおじさん方。日本で丁度リストラが”流行り”だしたころ。
あのときのショックといったら凄かったけど、今回のスタバの光景も考えさせられるね~。
自分にもこんなことがおこるんじゃああるまいかと。
そんなときの為に~。。。。。”CPA"(米国公認会計士!)となるわけですが、
”安定した生活は嫌だよ”なんてわがまま贅沢言ってられません。
それにしても、おじさん方にとって全国チェーンが創造した”完全マニュアル”に則って
接客し、かつコンピューター化されたレジを使い、複雑なコーヒー作り。。。
おいおい、やっていけるのか~?映画館の入り口でチケット切っている方がいいと思うんだけど。。。
でもさすがアメリカ人。アメリカ人の天性と言ってもいい”会話上手”はおじさんでも発揮してきます。
自分よりも遥かに目上だけど、”お客様いらっしゃいませ~”みたいな。
ん~気分は悪くない。

今回日本は久しぶりになるけど、まだ日本もそのようなおじさん方はいるのかね?
いなくなってたらまさに実体験できる”日本の経済向上中”の風。
さてさて、色々日本で味わってくるかの~。
[PR]
by takuearth | 2005-11-24 20:31 | American life
<< たくおの彼女より(初の投稿) 無事到着 >>



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30