多忙な週末
今週末は色々遊びすぎてしまい少し危機感を感じている日曜の夜。
なんだか数ヶ月前までこの感覚を毎週末感じてたような。。。。。
今週末は色々あったため今日は箇条書き方式で伝えていきます。

*久しぶりのテニス
気合入れてテニスに行ったものの、Warm-upの時点でガットが切れる!
仕方がなく、大学のラケットを借りてやったけど、もう20年前のラケットか!っというくらい古い。
グロメットはがれてるし、かたち歪んでるし、ガットゆるゆるだし。
それでも気持ちは”フェデラー”でやりました。まあ結果は”ラケットが俺についてこれなかった”という言い訳をさせてもらいます(笑)
最悪な事に4人でやるはずのテニス、でも1人こない。待てどもこない。電話してもでない。
”まただ。。。奴はまただよ。。。”と諦め、3人でテニス。約束サボりはやめましょう。

*ごるふ打ちっぱなし
スイング改造中な為、試合に出るのは止めようと思ってます。
(心の中でまだ決断できてない気持ちが”思ってます”という言葉に込められてます。)
それでもアイアンの精度は上がったよ。飛距離も上がったし。
以前一度手を出して途中で辞めたスイング改造ですが、再び手を出しました。
だからそこまで難しくないのだけれど。。。それよりも問題は先日大会の商品券で買ったパター。
最悪。相性悪すぎ。俺の腕の問題かな?返品もしくは交換したい気持ちでいっぱい。
ところで打ちっぱなしは友達と行ったんだけど、やはり教えるのって難しいね。
でも飲み込みが早い人に教えるのは楽だし、こちらも嬉しい。そこに”嫉妬”も湧いてくるけども。

*Solheim Cup
行ってきました。一言で言えば”イマイチ”でした。
アメリカ対ヨーロッパ。当たり前だけど”USA!USA!!”の応援ばかり。
かなり興醒め。勿論僕はヨーロッパチームびいき。
ラウンドしてる組が4組だけだから観客もそこに集中してなんとも試合が見難かったし。
天候は良かったけども。。。
それでもアニカ ソレンスタムに会った瞬間は感動。
彼女本当に鍛えてますね。ムキムキの人って脇を少し開けて歩くけど、彼女はまさにそれでした。
女子ゴルフは始めてみたけど、やはりショットの正確性には驚かされました。
特にアメリカチームの若手”ポーラ クリマー、ナタリー ガルビス”の二人は上手い上手い。
USAチームはその二人に助けられて優勝した感じがするね。

*野村義男再び登場
2度目の再会はそれほどの感動はない。けども会場は凄い盛り上がりでした。
アメリカ人が喜んでたよ。彼らの演奏に。その姿を見るとこちらまで嬉しくなってくる。
実際は”ブルースフェスティバル”の1バンドとして登場。
だからそのイベント自体は夜中の1時まで続いたらしいのです。
そう、僕はもう極度の疲れで1時間あまりで帰ってきました。
なんだか久しぶりに人の集まるところに行った一日だったので。。。。。。疲れたよ。

とまあそんな感じで週末はあっという間に終了。
あ、そうそう、もう二つイベントがあったね。
*U.S. Open tennis
アガシ対フェデラー。蓋を開けてちょっとビックリ。いやかなりビックリ。
アガシが押してるよ。フェデラーが押されてるよ。もしかしたら。。。。。
第3セットのタイブレークまではそのような気持ちでした。
でも7-1であっさりと第3セットを取られたアガシはもう一気に気力が抜けた感じだった。
第4セットあっけなく6-1で終了。結局セットカウント3-1でフェデラー勝利。
試合が終わった後のアガシの顔はもう酷くショックを受けてた感じだったね。表彰式の時も。
更に”New Yorkのみなさん今まで応援有難う”なんていうもんだから”引退”を意識してるのか、
とまで思わされたけど、フェデラーが最後に”アガシとの試合は本当に楽しいし彼はまだまだ強いのでこの先もまだ選手でいることを願っている”なんてなんとも粋なことを言ってくれたもんだ。
アガシのテニスがこの先も見れることを本当に願うけど、どうなるんだろうね。

*アメフト開幕
我がIndianapolisのColtsが初戦を見事勝利!
Pre-seasonは5連敗という酷い内容だっただけに心配したけど、
さすがColts今年は去年よりいいのではないかと思わせる内容だったよ。
折角Indyに引っ越してきたからこのシーズンは試合に通いたいところ。
そして今年こそは優勝して欲しいね~。


と、話題が四方八方に飛んでしまいましたが、みなさんの心をきっとつかんだことでしょう(笑)
さあ明日から週末サボった分Catch-upだ~。 
[PR]
by takuearth | 2005-09-12 14:17 | American life
<< The Hulman Family ん~懐かしいこの”かほり” >>



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30