be lazy
刺激的なSanDiegoの生活から、激動の引越しの旅を終え、
なんだかブログ更新が途絶え気味になってます。

やはりあの刺激的な生活から比べるとなんだか味気ない毎日のように思えてしまい、
書くことがないんですよね~。

と思いつつも、やることが色々。でも手をつけずにbeing lazy(だらける)。
たまにはこんな日も必要かと。
土曜日は朝7時ごろ起きて、”起きて”といってもベットからTVがある部屋に移動して、
TVつけてゴルフチャンネルに変えてそのままソファーで寝る。。。

10時頃に起きたときはいつの間にか、ゴルフは違うチャンネルに変わっていて、
横になったままチャンネルを探し、そのままゴルフ観戦。 おきてから今だ何も口にしておらず。
たまに凄いショットとかあると ”うおお!!”って感じで起き上がるも再び横になる。
冷房つけてないと部屋が暑いけど、つけると部屋が寒い。よって、毛布に包まりながらの観戦。
”仕方ないな~”と自分の腹減りに語りかけ、まずはヨーグルトで一時的に満たす。
そんな感じでゴルフ番組が終ったのは2時ごろ。

は~、なにすっかな~。

考えているうちに再び目をつぶる僕。。。

。。。。。。。。。


おいおい、起きたらもう夕方6時じゃないか。
自分のだらしなさに呆れつつ、”ここまできたら今日はとことん”ということで、
シャワーを浴びて、スタバへ。
なかなか手をつけれなかった文庫本たちを片付けるか、といった面持ちで最初に手にしたのが
山崎豊子”二つの祖国” アメリカと日本。 他人と思えない状況が心に焼きつく。

ん~心休まる、静かな時間。 こんな時間を使ってたまには心を洗わないとね。

その後は食料買出し、そして友達と久しぶりにバーでの会話。

。。。。。。。。。。

being lazyといいつつも、そこに何かを見出そうとする行動。 
そしてそれを糧にまた明日から始動するのである。

。。。。。。。。。。
[PR]
by takuearth | 2005-07-18 14:22 | American life
<< 全英オープンを振り返って Keane ”Hopes an... >>



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31