Auld Golf Course
朝起きて車で彼女を職場まで送って行き、そしてそこから自由の時間。
ここ2日間はそんな生活です。今日も街に出て車でふらつきまわってまた新たなCafeに到着。
そしてまたまたデジカメ忘れました。。。。。すみません。

SanDiegoには二つの大きな大学が。SanDiego State University(SDSU)とUniversity of California San Diego(UCSD)。今日のCafeは比較的SDSUに近いということで学生が少々いますね。 あっそうそう、こちらの大学は今週?来週?がFinal Weekだそうで。可愛そうに。。。。幸運を祈ります。

でもやはり都会の学生はおしゃれですね。更に良く勉強してそうに見える。気のせいかもしれんが。 そしてまた痩せてます。Indianaの人たちはやはり肥えてます。
一昨日、24時間のジムに夕方6時頃行った時、そこにある雰囲気はやはり意識レベルの違いを示してました。実に満員御礼。50台以上はあるだろう有酸素運動の機械は一台も空いてなく、人だかり、汗だかり。おいおい、ハンマー投げオリンピック候補?って思うような見たことないような筋肉している人や松葉杖つきながらも筋トレしている女性や。みんな仕事が終ってから直行でジムに来てるみたいですね。負けてられないね~。

ところで昨日こちらに来て初めてゴルフ場に行ってきました。Auld Golf Courseという比較的新しいところだけど、良かった。かなり綺麗。そして英国タイプのリンクスゴルフコース。彼女にカートを運転してもらい9ホール回ったのですが、全くもって難しい。グリーンは大きく、うねっている為、ピンの下を狙っていかないとパーは難しい。更にいやらしいことに芝目まであるし。
それでも出だしの3ホールは上手く行き”あれ?今日意外といいかも”と思ったら4ホール目からがた落ち。球は右に曲がりだすは、ドライバーでOB出すは、バンカーに入るはでダブルボギーの連続。結局終ってみれば前半だけで44。 それでも久しぶりに遣り甲斐のあるコースに出会えてちょっと興奮してます。ドライバーを打つときは落とし場所を考えなきゃいけないし、グリーンもそう。頭使いますよこのコースは。 値段は夕方からだとかなり安くて、3時半以降ならカート付で29ドル。都会でこの値段なら毎日来たくなるね。

ところで最近球が右に行く癖が治らなく、自分でも原因不明なのでレッスンを受けようかと思ってます。それもこのゴルフ場で。ここのレッスンプロは昔ツアーにも出てたみたいだし、見てたらビデオやコンピューターを使いながら教えてるから信用性は十分ある。自分で無理に直したら変な癖がつきそうなのでそろそろ酷くなる前にプロに見てもらおうかと。
実はこのゴルフコースに日本人の女性レッスンプロもいるんだけど、それは。。。。パス。偏見というわけではないけど、”電化製品を買うなら日本製”というのと一緒で”レッスンを受けるならアメリカ人”ということです。
その話はまた後日。
[PR]
by takuearth | 2005-05-26 03:56 | 熱く語れ!~ゴルフ~
<< 朝のランニング クラブどころじゃないよって話。 >>



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31