Palm Springs
昨日は完全に遊んでいたという事で、今朝は早く起きて勉強しようと思ってましたが、相変わらず起きれず、そんな自分にかなり腹が立っているTakuです。

ところで一昨日、昨日とPalm Springsに行って来ました。
街のどこに行ってもゴルフ場。砂漠の真ん中にオアシスのような街がぽっかりとあり、
そこに花咲くゴルフのメッカ。
リゾートとして有名なこの地はもう嫌になるほど”高級車”が走っている。
彼女の愛車”Red Jeep”は肩身狭そうに街中を駆け抜けたわけですが、その割りには”爆音”たててました(笑)。何せマフラーに穴開いてるもんで。

それしても、先に言っておきますが、実はゴルフの大会、観に行きませんでした。
会場のすぐ近くまで行ったのですが、急に魅力を感じなくなってしまって。。。
期待していた方々申し訳ございません。でもこれがTakuです。
本当は朝6時に起きて試合を観に行くつもりだったのですが、無理でした。その理由はこちら。。

夜中3時ごろになって突然ホテルで火災警報が鳴り出す!!
これ、思い出すだけでも結構”ビビる”出来事なんですが、なんとも音が怖い怖い。
”ビー。ビー。ビー。火災警報、火災警報。只今現状をお調べしてますので次のアナウンスをお待ちください。” これが何回も繰り返される。。しかもコンピューターの声で。
ビックリした僕らは逆立った髪の毛なんぞ気にせず廊下を覗いてみるけど、何も煙は出てないし、人気もない。 誤報の可能性大。 それでも警報は鳴り続け、頭がおかしくなりそうに。
そのうち各々の部屋から皆が顔を出し始め状況を確認しようとするものの、煙は一切ない。
ちょっとだけ臭う感じもするが。。。
万が一の状況も考えて僕らは大切なものだけ持って一階に行く事に。
すると驚くことに一階に逃げてる人たちはホンノ数人。おかしいことに警報が鳴っているのは僕らの5階のみ。みんな危機感ないな~。そのうち消防士がやってきて本当に火が出てないか確認。なんだかんだして部屋に戻ったのが5時前。勿論すぐに寝れるわけでもなく、次に起きたときはもう8時。 まあこの時点でゴルフの試合に行かないことは決まってたのかもね。

ホテルのチェックアウトするときに金を返してもらおうと悪巧みを試みたわけですが、無駄に終わりました。 色々文句は言ったんですが。。。
それにしても本当にあのような状況で本格的な火事になってたかと思うと、ホテル側の対応に従ってられないというのが正直なとこ。
多分そこら辺のマニュアル見たいのがしっかりしてないんだろう。あんな警報の指示を待ってたら逃げ遅れそうだし、ましてや5階の警報しか動いてなかったというのが驚き。これらは相当考えもんですよ。 ホテルでの火事ってほとんどが大事態になっているイメージがあるし、そう考えるとやはりホテル側の対応が悪いんだろうな~。こういうときは自分を信じるしかないって事を思い知らされました。

まあかなり話がそれてしまいましたが、結局その日は市内観光と近くにあるアウトレットモールで買い物。お買い得な物を見つけた後の幸せそうな彼女の顔が忘れられませんが。。。(笑)
それにしてもアウトレットモールで一つ酷い出来事が。
洋服屋で日本人の女性二人を見かけたんですが、その二人とすれ違った直後。。。。。

女性A(20歳前後)”私、髭が生えた人って嫌いなんだよね~。”
女性B(同じく20歳前後)”分かる~、私も~、なんか、汚らしいよね~”

!!!!
おい、それって俺の事を言ってないか?
すれ違うときに俺の顔を見て、その直後に言ったって事は俺のことを指摘してないか?
しかもこっちが日本人って知ってて言ってないか?
更にわざとこっちに聞こえるように言ってないか??!!

そこから切れた僕はすぐさまそこの女性の所に行き。。。。。というのは冗談です。
というか、ショックでした。 アメリカに来てから自分の身だしなみに関して無頓着になってた部分があるのは否定できません。 痛いところを点かれた!!という感じです。 まあ少しムカつきましたが。。(笑)

その夜ちゃんと髭を剃ったのは言うまでもありません。
ということで今日はスベスベ。
[PR]
by takuearth | 2005-03-27 10:59 | ん~旅行に限る
<< 無事帰宅 いざPalm Springsへ >>



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30