素晴らしきコラムニスト
今日はちょっと気分が良くて夜の授業が終わった後に図書館なんかに行って12時近くまで勉強しちゃいました。驚くことに、今学期最初の図書館訪問です。
自分へのご褒美にとコーヒーを買ったんだけど、レギュラーコーヒーを頼んだはずが飲んでみたら
最悪な”フレイバーコーヒー”。なんだか変な臭いと味がするんだよこれ。
なんだか1ドル50セント払って、閉店間際の残飯処理班の一員にされられた感じです。
これだからカフェグラは。。。。。もう完全にスタバ派で行きたいと思った一瞬でした。

ん~今日は以前から書きたいと思っていた事を。
僕をゴルフ好きにさせた人物は二人。
一人は今日本のTitleist(アメリカゴルフブランドの老舗)で働いている”師匠”しんぺい。
まさにゴルフのイロハを教えてくれた人物。
ゴルフのやり方だけ教えてくれれば良かったものの、ついでにゴルフの豆知識をたんもりと教えてくれちゃって、出来上がったものはこのような”ゴルきち”(ゴルフ気違い)なんですが。
さらにもう一人、プロゴルフ選手や大会の背景を普段は知ることのない情報を時にはわかり易く、時には女性らしく”優しい”視線から伝えてくれるゴルフジャーナリスト”舩越園子”さん。
ほとんどのPGAツアーの大会に行ってはコラムを毎週書いてTVやNewsでは分からない
多くの事を彼女は伝えてくれる。(www.golfdigest.co.jp)僕にとってはかなり羨ましい仕事ですが。
一方では朝日新聞でもたまにコラムを書いている。(www.asahi.com)ここでは"素顔のプロたち”というタイトルでプロ選手ひとりひとりの私生活、大会以外での出来事を中心に描いている。
残念ながら今までの全てのコラムはここには残っていないが、これを読むと選手に対しての愛着心が増え、更にその人が大会で優勝なんてしたモンなら、時に涙を流したりと。
スポーツ選手はみんなそうだろうけど、私生活からくる影響は多大なるものだと思う。
特に個人スポーツだと自分の調子、メンタルが自分の成績としてはっきり出てくるからなおさらだろう。
僕らが思っている以上に苦労をしている選手は多い。そんな中一片の素敵な話を彼女はこのコラムで皆に伝え、そして読者から選手に対して感情移入する。ん~なんとももいえず素晴らしい仕事を彼女はしている。
そう、これを読めば自然とゴルフが好きになり、退屈だと思われるTVでの中継も面白くなるのです。
有名選手だけが注目される中、下位選手にも注目したくなる、そしてその選手の名前を覚えて、最後にはPGAのほとんどの選手のことを知っている、そんなオタクロードまっしぐらになってしまいます。

ようこそゴルフの世界へ。このブログを読んだあなたも、少しずつその世界へと引きずり込まれているのです。 ふふふっ。
[PR]
by takuearth | 2005-03-10 15:54 | 熱く語れ!~ゴルフ~
<< 心の中に眠る自分 雑文 >>



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31