タイガー世界ナンバーワンに返り咲いた意義
日本の皆さんそちらでは春のかほりを感じ始めてますか~?
こちらは再び雪のかほりを感じています。もういい加減にして欲しいです。

最近ジムに通っているおかげで少し脂肪が落ちてきた気がします。
母君へ。もう顔”パンパン”の状態ではなくなってきてます。
でも体重変わりまへん。筋肉がその分ついてきていると勝手に判断してます。
でも以前より血管が浮いてきてます。肌のつやが良くなってきてます。
化粧ののりが良くなってきてます。色白が目立ってきてます。
ゲイになろうかと思ってます。(笑)

くだらない方向に流れつつあるのでここらでお開き。。。。。というのは冗談で、
このブログも新装開店したということで今回はゴルフねたで攻めます。





今シーズンに入って既に10試合が消化されたわけだけど、今年のPGAツアー(男子米国ツアー)は世界ランキング上位10人もしくは20人で支配されている。
10試合の内クライスラークラシックは云わば”2軍”の試合なので考慮しないが、その他の9試合の内7試合は見事にトップ10の人達が優勝。他の2試合もトップ20の二人。
毎年毎年優勝者の流れというものはある。去年はビージェイシンが独りで活躍した年。
2年前の2003年は4大大会のうち二つが無名の二人にさらわれたが、上位陣が活躍し、
2002年は逆にPGAツアーの層の厚さを証明するかのように初優勝者が多発した。
このように今年の流れを考えると完全に”上位陣の独占”状態になっている!!
これは冷めたように見えるかもしれないけど、大会、スポンサー、TV側にとってはかなり嬉しい傾向となる。 やはり強い人が優勝すれば応援する人たちも盛り上がるのである。
去年の後半、ビージェイが活躍しすぎてPGAの盛り上がりは少し欠けていた。
選手の中でも今年は捨てて来年にかけると思ってた人も結構いた。
選手も観客側も静かだった気がする。僕もそのうちの1人だったのは事実だし。

今年に入ってタイガーフィルミケルソンは既に2勝ずつ、そしてビージェイが1勝、アーニーエルスも今週ヨーロッパの大会で勝利をあげた。

今週タイガーが優勝したことによって再び”世界ナンバーワン、タイガーウッズ”という誰もが望んでいた状態になり、PGAツアーが盛り上がり始めているのは確か。
そしてそのタイガーに他の人達がどのように挑んでいくのか。盛り上がらないわけがない。
現に、先週のフォード選手権での最終日”タイガー対フィル”の一騎打ちを見ようと観客が押し寄せ、入場券が売り切れたほどなのである(www.pgatour.com より)
ほとんどの観客がその二人のプレーに群がり、他の選手達はまさに”脇役”だった。
それにしてもタイガーの最終日の追い上げは凄かった。誰もが認める”昔のタイガーの強さ”が戻ってきてる。そしてスイングもとても良い状態にある。やはり彼、最強!!

巷では今年は上位5人(タイガー、ビージェイ、アーニー、フィル、そしてレティーフグーセン)で4大大会は占められるだろうと予想されている。そこに将来有望な若手がどのように食い込んでくるか。そういわれているのである。
4大大会で去年のマスターズでのフィル対アーニーの激しいバトルのように上位の人達で争ってくれれば、見てる側としてはこれ以上望まないほど興奮すること間違いなしだし、そこにタイガーが加わってくれば言う事ないだろう。
今回のフォード選手権でそう確信したTakuでした。

。。。。。ん~でも日本人頑張って!!。。。。と個人的意見も付け加えておきます。
[PR]
by takuearth | 2005-03-08 14:49 | 今だ学生。。。
<< 雑文 新装開店なり! >>



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31