もう10月か。。。
いつの間にか10月に変わってしまってます。
こちらIndianaも段々秋らしくなってきて、
多分あと2,3週間もすればあっという間に木々は枯れ
冬がやってくるのでしょう。(苦笑)
そう、Indianaの秋は短いのです。
でもその短い間に素晴らしい景色を提供してくれるのがここの良さ。
木々に覆われているゴルフ場なんかに行けば、
そこはもうため息が出るような美しい光景にであえる。
夕方に行けば鹿に遭遇したりして、
それだけでどこかに旅行に来た気分にさせてくれる。
だがしかし!!冬がやってくることを考えると憂鬱な気分に。。。
それだけこちらの冬は厳しいのです。

先程夜中の2時だというのに日本の一番の親友から電話がかかって来て、
気がつけば夜中の5時です。
その友達からは大体1ヶ月に一回電話がかかってくるけど、
それは決まって夜中。全く以前アメリカに居たんだから時差は分かるだろ!
でもその友達は僕のことを一番に理解してる人で、
また一番僕が心を開いている人間。 
まあこれが長電話の言い訳ではないのですが。。。。話の大半はゴルフの話。
何せその友達は日本でゴルフメーカーに勤めてる為、
またゴルフを通じて仲良くなったので自然とその話になってしまう。
最近の諸事情やマニアックなゴルフの話まで2時間強話しても、
足りないと思うほどお互い話にのめり込んでしまうのです。

全く彼と話をすると自分の中に閉じ込めてる”日本が恋しい”
気持ちが沸々と湧き出てしまう。。。罪な奴です。

最近良く考えてるのが、夏に帰ったときに日本で何をするか。(笑)
これって結構重要。なぜなら1ヶ月以上の長期間日本に帰れるのは、
次回が多分最後。だからその時間大切に使わないと!
今考えてるのは日本を色々旅してみようかと。
僕は東北のほうは”極めた”と言って良いほど、
今まで旅行してきたけど、その分大阪から西に行ったことがない!!
強いて言えば沖縄に高校の修学旅行で行った位。
だから自分の知らない日本を本当に日本から去ってしまう前に
知っておこうと思ったのです。
これぞアメリカ版”卒業旅行!!”
アメリカで仲良くなった友達が丁度日本に散らばってるので、
そのコネをいやらしく使えば安く済むかなと、調子のいいこと考えてるし。
何よりも、こちらでよく聞く”広島、長崎”に行ったことがないので、
そこはどうしても抑えておかないと”日本人”としてこちらでやっていけないかな~、なんて思ってます。
でも一つ問題が。九州、四国、沖縄は友達がいるけど、北海道がいない!!
北海道は一番時間をかけて回りたい所なんだけどね~。
夏だったら野宿も可能か?!なんてそこまで考えてます。(笑)
富士山の頂上もいってみたいしね。今から体力つけてますよ~。
最近ちょくちょくジムに行ってるので確実に体力はついてます!
一方で体重が減らない理由をその筋肉のせいにしてる部分もありますが。。。。
まあ、夏に会えるのを楽しみに!

ところで、この話をしないで今回の日記は締めくくれない!
それはイチロ~!!
とうとうやってくれましたね。とうとう歴史に名を刻んでしまった!
記録を達成したときはTV中継してなかったので生では見れなかったけど、
後のニュースでは大々的に放映してました。
本当に彼の野球へのこだわり、”一生懸命さ”には脱帽です。
メディアに対してあまり良い態度を取らない彼だけど、
そういう”職人”的なひたむきさが何よりもかっこいい!
去年シアトルに行ったときに彼の試合を見たけども、
そのときはイチローの人気の高さに驚かされた。
多くの地元ファンに愛されてるのが試合を見てて本当に良く伝わってきた。
これはヤンキースの松井でもこうは行かないと思う。
だから今回の記録更新を地元でしたことは本当に大きな意味があると思う。
イチローは地元の皆の応援で今回更にシアトルが好きになったと言ったけど、
それは間違いなく本心であったと思うし、
シアトルの皆もその言葉に喜んでるはず。
アメリカの大リーグ選手は色々なチームを渡り歩くのが当たり前だけど、
今回のことでイチローがこの先シアトルで骨を埋める確率は高くなったのでは?

一方で今回面白い驚きも発見。。
それはこちらのインタビューでもイチローはまだ日本語を使ってること(苦笑)
聞くほうは理解できるみたいだけど、
喋るほうはまだ公に出来るほどではないのかな?
もしくは英語の使い方で自分の意見が間違って報道されるのを避けてるのかも。
後者のほうが可能性は高いかな。 
まあそれは良いとして、一つ一つ確実に進化してるイチローを見て
”自分も頑張らなくては!”と思わされる一日でした。
イチローこれからも頑張って!
[PR]
by takuearth | 2004-10-03 19:58 | 今だ学生。。。
<< 相変わらずな生活と性格。 クッキングパパ >>



米国においての学生生活兼ゴルフ生活をお送りいたします。
by takuearth
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31